ドリス ヴァン ノッテンのウェアラブル・クチュール【2019春夏ウィメンズ】

ドリス ヴァン ノッテンのウェアラブル・クチュール【2019春夏ウィメンズ】

ドリス ヴァン ノッテンのウェアラブル・クチュール【2019春夏ウィメンズ】の画像

パリのパレ・ド・トーキョー(Palais de Tokyo)で2019年春夏ウィメンズコレクションショーを開催したドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)。先頃、スペインのラグジュアリーグループであるプーチによる買収が話題となったが、クリエーションについての姿勢に一切の変化はなく、このブランドらしいエレガンスと美しさをもって、最後まで観る者を魅了し続けた。

テーマは「ワークウエアとオートクチュール」。この整合し得ないと感じられる2つの要素を、絶妙なバランス感覚でミックスし、シンプルかつオーソドックスなアイテムを新鮮なものに仕上げている。

つなぎやクライミングロープといったスポーティーなディテールを配したブルゾンやコートには、羽をイメージしたビニールパーツを刺繍したドレスをコーディネート。20年代風の肩パッドのトップスには、ビーズのロングフリンジを刺繍し、カジュアルなクチュールを提案。ディアゴナルストライプにフローラルプリントのオーガンザを重ねるなど、ミスマッチが新しい美しさを見せるというアイテムも多く、このブランドのマジックを感じさせた。

アースカラーとヴィヴィッドカラー、マットな素材と光る素材、グラフィカルなモチーフと具象的なモチーフ。あらゆるコントラストを描きながら様々な要素を織り込んではいるが、ワークウエアとオートクチュールの融合をいとも簡単に実現させ、一つの揺るぎない世界観を見せていた。