時代をハイブリットするsacai【2019春夏ウィメンズ】

時代をハイブリットするsacai【2019春夏ウィメンズ】

時代をハイブリットするsacai【2019春夏ウィメンズ】の画像

阿部千登勢によるサカイ(sacai)がパリのパレ・ド・トーキョー(Palais de Tokyo)を会場に、2019春夏ウィメンズコレクションショーをパリで開催した。

現在までに様々な素材・アイテムのハイブリッドを見せてきたが、今季は今までのスタイルを保持しつつも、特にバランスの探求をしながら新しい均衡を目指したという。

今季のキーアイテムはミリタリーケープ。トレンチのディテールを配してアシメトリーにしながらも、機能性を十分に残しているのが特徴。カクテルジャケットやブレザーなど、テーラードアイテムには、ケープの要素を加えたり、オーバーサイズのトレンチスリーブを片方の袖にあしらったり。

ミリタリーイメージのアイテムには、レースをはめ込んだり、カクテルジャケットの身頃を合わせたりし、ミリタリーの要素をソフトに仕上げている。チェックのアイテムにもトレンチのディテールをミックスし、プリーツをかけたオーガンジーのスカートを合わせて軽やかな印象に。ヴィンテージ感溢れるハンドペイント風のフローラルプリントのアイテムは、ミリタリー風のアイテムに仕立てられ、硬軟のコントラストが鮮烈。

コレクション全体としては、いくつもの服をバラバラにし、それをパズルのように組み合わせたかのよう。しかし、その組み合わせの妙とディテール配分のセンスは、このブランドならではであり、今季はそれを強烈に印象付けたのだった。