ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン、ロックに眠るロマンティック【2019春夏ウィメンズ】

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン、ロックに眠るロマンティック【2019春夏ウィメンズ】

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン、ロックに眠るロマンティック【2019春夏ウィメンズ】の画像

パリと郊外の境界線に程近い、エスパス・ルフェーヴルでショーを開催したジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GAR?ONS)。特にテーマを設定してはいないが、「ロックの中のロマンティック」というイメージをコレクションに投影している。

特筆すべきはデニムのアイテム。全てオリジナルで、一から作り上げ、ヴィンテージ素材は一切用いていない。無数のパーツで構成されているドレスやコートについては、非常に複雑な工程を経ている。布の横糸だけを残したデニム地の裏からレースやチェック地を貼り、ミシンでステッチをかけて固定し、ローエッジの風合いを出すために洗いをかけ、その工程を経たパーツ同士を縫合している。

ジャカードでモチーフを表現したデニムのアイテムも登場。それぞれにTシャツがコーディネートされ、ドレスのような、キャミソールのような、ビスチェのようなアイテムを組み合わせてアシメトリーのルックを提案。

バンドTシャツをイメージさせるプリントTシャツや、パンキッシュな有刺鉄線のプリントTシャツ、あるいは刺々しいチェーンネックレスなど、ロック的なディテールと、クチュール的なロングシルエットのドレスの組み合わせは、そのまま「ロックの中のロマンティック」を体現していた。