三越伊勢丹オンラインストアでランドセルの販売開始! 工房系など人気のランドセル約900点を紹介

三越伊勢丹オンラインストアでランドセルの販売開始! 工房系など人気のランドセル約900点を紹介

記事画像


三越伊勢丹オンラインストアでは、4月1日より2022年春入学のお子さま向けのランドセルを販売を開始します。オンラインストアでは、人気のパターンオーダーや、工房系、人気ブランドとのコラボレーションランドセルなど、約900点からお好みのランドセルを探すことが可能です。三越伊勢丹オンラインストアでご購入いただくと、小学校卒業までの6年間無料で修理を承ります。(一部対象外ブランドあり)

伊勢丹新宿店では4月1日より約100点のサンプルを展示、28日から販売を開始するほか、LINEやZOOMを活用したオンライン接客サービスもご用意。おうちでも安心してお子様のランドセル選びをしていただけます。

【三越伊勢丹オンラインストア】https://www.mistore.jp/shopping/feature/baby_kids_f3/randoseru_bk
上記サイトでは、商品紹介のほか、「ラン活」基本情報や、売れ筋情報、素材の違いについてご紹介しています。


2022年のおすすめ商品

ロイスター クラリーノキューブランドセル
ベーシックなデザインのキューブ型ランドセル。重厚感があるデザインで必要な機能はすべて搭載。軽量で背負い心地にもこだわったランドセルです。豊富なカラーバリエーションも魅力。


三越伊勢丹オリジナル<ロイスター>クラリーノキューブランドセル 各5万8,300円

トリコテ RIDE A WAVE ランドセル
「ニットの温かさをもっと日常に」という思いからブランドをスタートした<トリコテ>。ディティールにもきちんとデザインが行き届き、内装までかわいい。鮮やかな色合いの中に、優しさがあふれたランドセルです。


三越伊勢丹オリジナル<トリコテ>RIDE A WAVE ランドセル 各7万3,700円

アニエスベー キューブランドセル
幅広い世代に愛されるフランスブランド<アニエスベー>。落ち着いた美しさを感じさせてくれるカラーが特徴です。かぶせ裏のボーダー柄や、サイドに打たれた鋲がデザインのアクセントに。


三越伊勢丹オリジナル<アニエスベー>キューブランドセル 各9万2,400円


背負って試せる!「伊勢丹ランドセルフェスティバル 2021


4月28日〜5月5日、「伊勢丹ランドセルフェスティバル」を開催!三越伊勢丹オリジナルから人気の工房系やブランドとのコラボレーションまで約800点のランドセルを一堂にご紹介します。

伊勢丹新宿店の店頭販売スタートは4月28日〜「伊勢丹ランドセルフェスティバル」から。4月27日まで店頭では、サンプルの展示のみいたします。
※イベント終了後は、本館6階 スクール子供雑貨でお取り扱いいたします。

【「伊勢丹ランドセルフェスティバル2021」開催概要】
会期:4月28日(水)〜5月5日(水)
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 催物場
URL:https://www.mistore.jp/shopping/event/shinjuku_e/randoseru_10


お家でラン活! 伊勢丹新宿店のオンラインサービス

チャット(LINE)接客
LINEを使った無料のサービス。お客さまお一人おひとりのご質問に担当がお答えいたします。お客さまのご都合のよいときに質問していただき、営業時間内の一両日中にご返信いたします。
※サービスのご利用には、伊勢丹新宿店Baby&Kids公式LINEを友だち登録が必要です。
【LINE友だち登録】https://works.do/R/ti/p/bebiko@isetanmitsukoshi

テレビ電話接客「おうち de 伊勢丹 for ランドセル」
ZOOMアプリを使用した無料のサービスで、ご紹介できるランドセルは約100点。ランドセルの選び方について販売員に直接ご相談したい場合などにおすすめ。三世代でテレビ電話によるご相談も可能です。
※ご利用時間は40分となります。
【予約ページ】https://reserve.mistore.jp/reservation/service/3c18e0e8-b42d-4294-b654-b1d1aa5a8e27

※商品はすべて後日のお渡しです。
※価格はすべて税込です。
※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)