映画「アメリカン・ユートピア」伝説のブロードウェイショーが、新感覚ライヴムービーになって開演!

映画「アメリカン・ユートピア」伝説のブロードウェイショーが、新感覚ライヴムービーになって開演!

記事画像

映画「アメリカン・ユートピア」が、5月7日より、TOHO シネマズ シャンテ・シネクイント他にて全国順次公開される。


この映画の原案となったのは、2018年にデイヴィッド・バーンが発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」。

同作品を引っ提げたワールドツアー後、2019年の秋からは、ブロードウェイのショーとして再構成された舞台が始まり、その斬新な内容が大評判となる。映像化の可能性を考えたデイヴィッド・バーンは、共に本作の監督を努めることになるスパイク・リーに声をかけ、映画化がスタート。


バーンのライヴ映画としては、トーキング・ヘッズ時代に傑作『ストップ・メイキング・センス』(1984年、ジョナサン・デミ監督)が作られているが、今回、バーンとスパイク・リーの幸福なコラボレーションにより、ドキュメンタリーでもなく記録映画でもない、新たなスタイルのライヴ映画が完成した。


冒頭、プラスティックの脳を持ったデイヴィッド・バーンが登場し、脳の進化について語り始める。「人間の脳の神経細胞のつながりは成長と共に衰える」。そんな衝撃な研究結果について話を始めるバーン。

今回のショーを通じて、彼は現代のさまざまな問題について問う。コミュニケーションの大切さ、選挙の重要性、人種問題……。混迷の時代を生きる現代人の意識をゆさぶる物語が語られる。

今回の舞台でバーンは意識的に何もない空間を選び、マイクやドラムセット、配線もなくし、11人のミュージシャンやダンサーと舞台の上を縦横無尽に、グレーの揃いのスーツに裸足で動きまわる。パントマイムやダンスパフォーマンスの要素も取り入れた斬新な振り付けを担当したのは、過去にもバーンの舞台も手がけたアニー・B・パーソン。プロダクション・コンサルタントも、バーンと組んでいたアレックス・ティムバースが担当。


舞台に立った11人の仲間はさまざまな国籍を持っていて、クライマックスでは、ブラック・ライヴズ・マターを訴えるプロテスト・ソング「Hell You Talmbout」を熱唱する。アルバム「アメリカン・ユートピア」からは5曲、トーキング・ヘッズ時代の代表曲から9曲が選ばれ、計21曲が演奏される。大ベテランのバーンがパワフルに歌い踊る、熱狂の107分。


なお、本作の公開に先立ち、この度予告編が解禁。まずはこちらをチェックしておこう。



映画「アメリカン・ユートピア」サウンドトラック
劇中で使われる楽曲群も必聴。劇中曲をまとめたアルバムはスポティファイ(Spotify)で公開中。




【映画情報】
「アメリカン・ユートピア」
5月7日よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイント他全国ロードショー

監督:スパイク・リー
製作:デイヴィッド・バーン、スパイク・リー
出演:ミュージシャン:デイヴィッド・バーン、ジャクリーン・アセヴェド、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ、ダニエル・フリードマン、クリス・ジャルモ、ティム・ケイパー、テンダイ・クンバ、カ ール・マンスフィールド、マウロ・レフォスコ、ステファン・サンフアン、アンジー・スワン、ボビー・ウーテン・3世
URL:americanutopia-jpn.com

2020年 / アメリカ / 英語 / カラー / ビスタ / 5.1ch / 107分 / 原題:DAVIDBYRNE`SAMERICANUTOPIA / 字幕監修:ピーター・バラカン
?2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ユニバーサル映画 配給:パルコ 宣伝:ミラクルヴォイス

関連記事(外部サイト)

×