144の目盛りを一つの針が指し示す時刻。ドイツの腕時計ブランド「マイスタージンガー」の新作タイムピースが登場

144の目盛りを一つの針が指し示す時刻。ドイツの腕時計ブランド「マイスタージンガー」の新作タイムピースが登場

記事画像

モントレックス株式会社はドイツの時計ブランド マイスタージンガーの新シリーズBellHora(ベルホーラ)を2021年4月下旬より発売開始いたします。




BellHora (ベルホーラ)
-ソヌリ・オ・パス - 忘れられがちな複雑機構-

Hora(ホーラ)はラテン語で時間を意味しております。
BellHora(ベルホーラ)は音で時間を知らせてくれます。

毎正時になると、細い螺旋状の機械式ストライクをきっかけに、優しいベルの音が鳴り響きます。これは、マイスタージンガーの理想である「時計は直感的に時刻を理解できるものでなければならない」という考えに完全に合致しています。

この独創的な機構は、セリタ(SW200)ムーブメントにソヌリ機構のモジュールを搭載した珍しいモデルです。アラーム機能とは異なり、正時刻(例.1時、2時、3時等)になると音で知らせてくれます。
(⇒正時を音で奏でます。)

また、ダイヤルに表示された01から24までの数字が螺旋状に配置されたこの文字盤デザインは、「Bell Hora(ベルホーラ)」がすべてを備えていることを外見からも強調されています。

https://youtu.be/H6zPyjyiJIE
【商品紹介】


品番:BH0913 アイボリーダイヤル
ケース径:43mm
ベースムーブメント:SW200 自動巻
防水性能:5気圧
シースルーバック
価格:54万7,800円(税込)


品番:BH0908 ブルーダイヤル
ケース径:43mm
ベースムーブメント:SW200 自動巻
防水性能:5気圧
シースルーバック
価格:54万7,800円(税込)


文字盤に施されている模様は、精密なレーザー加工により深い彫刻を生み出しております。

《マイスタージンガーについて》
”IT IS NOT THE MINUTES AND SECONDS THAT ARE PRECIOUS-IT IS TIME!."
"分や秒が貴重なのではない、貴重なのはTIMEそのものだ!"


マイスタージンガーは中世から近世にかけてドイツの手工業ギルドが与えたマイスター称号のひとつです。マイスターは[親方]、ジンガーは[歌い手]であり、日本語では[職匠歌人]、[親方歌手]などとなります。マイスタージンガーはドイツ各地の宮廷を遍歴していたミンネゼンガー(吟遊詩人)たちが中世貴族の没落に伴って都市に住み着いたのが始まりと考えられます。

15-16世紀にかけて、ニュールンベルグをはじめとする南ドイツの諸都市を中心に手工業者の親方や職人、徒弟たちが組合を集い、詩と歌の腕を磨きあう文化が栄え、そこで競争に勝ったものが[マイスタージンガー]と称されました。

マイスタージンガーの上にあるマークはフェルマータ(イタリア語の音楽用語:楽曲の途中で拍子の運動を停止すす記号)。時間に対するブランドのリラックスしたアプローチを表しており、マイスタージンガーの時計は着ける人にゆったりとした時間をもたらす感覚を与えてくれます。

【シングルハンドウオッチ】
シンプルであるためのすべてのルールに沿ったマイスタージンガー時計のデザイン、そこにはユニークなデザインのDNAが受け継がれている。機能性とデザイン性、マイスタージンガーにおいてはすべてが計算されて作られております。


この時計は10時15分を指しています。

時間のダイヤルは144個の目盛りで分けられています。1目盛りは5分単位で刻まれており、15分、30分、45分の目盛りと針の組み合わせにより、時間が読みやすくなっております。

《マイスタージンガーお取り扱い店舗》
・ティーエス・ホリウチ(東京・上野)
お問い合わせ先:03-3831-9733

・JUST IN TIME(埼玉・深谷)
お問い合わせ先:048-574-0894

・太安堂本店(神奈川・横須賀)
お問い合わせ先:046-822-1200

・別所時計店(三重・津)
お問い合わせ先:059-228-2817

・京都寺内(京都)
お問い合わせ先:075-211-3511

・時計 ミヤコ1号館(兵庫・三宮)
お問い合わせ先:078-333-6773

・金子時計店(福岡)
お問い合わせ先:0120-63-2209

<製品に関するお問い合わせ>
■モントレックス (株)03-3668-8550
■モントレックス (株)Webサイトアドレス https://www.montrex.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)