グッチ×ヒグチユウコの新作は、グッチ並木のオープンを祝した限定コレクション

グッチ×ヒグチユウコの新作は、グッチ並木のオープンを祝した限定コレクション

記事画像

ブローチ(5万7,000円)
サイズ:H8×W8cm
グッチ(GUCCI)は、4月29日に東京・銀座で2店目のフラッグシップショップとなる「グッチ並木」をオープンする。これを祝して、長年にわたりグッチとのコラボレーションを手がけている日本人アーティスト・ヒグチユウコによるスペシャルなイラストに彩られた限定コレクションがお目見え。グッチ並木にて展開される。
ビューティーケース(50万円)
サイズ:H20×W27×D10cm
グッチ並木限定コレクションのために描かれたのは、可憐な花々やみずみずしいグリーンが彩る春の庭園を思わせる作品。濃淡のグリーンが繊細なラインで表現され、花々のピンクやレッドがアクセントを添えている。そして、レッド&ホワイトのストライプ柄の大きな蝶ネクタイをつけた白いネコを主役に、カエルやチョウが登場し、まるで庭園に迷い込んだような遊び心あふれる世界が広がる。

この装飾的な美しさを備える特別な作品が、ハンドバッグ、スモールレザーグッズ、ラゲージ、シルク製品からウォッチやブローチなど、グッチの多彩なアイテムにデザインされる。
ロングウォレット(10万2,000円)
サイズ:H10.5×W19×D2cm
ウォッチ(13万円)
ハンドバッグは、バンブートップハンドル付きのクラシックなバンブーバッグ、「ジャッキー 1961」ホーボーバッグといった、ひと目でグッチとわかるアイコニックなスタイルで登場。どちらもホワイトレザー仕立てで、その全面をヒグチユウコのイラストが彩る。
バンブーハンドルバッグ(39万円)
サイズ:H18×W27×D6cm
「ジャッキー 1961」バッグ(ミニ)(21万3,000円)
サイズ:H13×W19×D3cm
「ジャッキー 1961」バッグ(スモール)(25万円)
サイズ:H19×W27.5×D4cm
さらに、ピストンクロージャーを備えたチェーンストラップ付きウォレットと二つ折りのカードケースやウォレットも登場。

チェーンストラップ付きウォレット(11万8,000円)
サイズ:H10×W19×D3.5cm
ミニウォレット(6万5,000円)
サイズ:H8.5×W11×D3cm
ラゲージには、ギターケース、スーツケース、レザーショルダーストラップ付きでハンドバッグとしても持ち歩けるコスメティックケース、ハットケース、そしてメタルのロッククロージャーとチェーンストラップ付きのジュエリーケースといった、多彩なフォルムのハードケースがラインアップ。なお、ラゲージ類のインナーには、バイオレットカラーのベルベットが貼られている。

ギターケース(125万円)
サイズ:H115×W45×D15cm
スーツケース(78万円)
サイズ:H31×W47.5×D17cm
ハットケース(86万円)
サイズ:H47×W50×D20
ジュエリーケース(42万5,000円)
サイズ:H11.5×W22.5×D12.5cm
なお、すべてのレザーグッズには、「JAPAN EXCLUSIVE」の文字がゴールドで刻印されたホワイトレザーのタグが付属する。

この他にも、オーガニックシルクが用いられたスカーフやネックボウ、カシミア100%のイラストが前面にあしらわれた大判ストールといったアイテムもそろう。

新たな旗艦店のオープンを祝す、記念すべきコレクション。春の訪れを喜び、また、世の中をぱっと明るく照らしてくれるようなアートがデザインされたアイテムを、ぜひ、チェックしてみて。詳細はこちら(https://www.gucci.com/jp/ja/ st/capsule/namiki)から。


《合わせて読みたい》
4月29日オープン「グッチ並木」についての記事は下記のタイトルから!
>>グッチが銀座に2店目の旗艦店をオープン、ミシュラン3つ星のシェフが手がけるレストランも併設


関連記事(外部サイト)

×