ティファニーが男性用に初めて提案するダイヤモンド エンゲージメント リングを発表

ティファニーが男性用に初めて提案するダイヤモンド エンゲージメント リングを発表

記事画像


今春、大胆なソリテール ダイヤモンドが煌めくティファニー初のメンズ エンゲージメント リング、「チャールズ ティファニー セッティング」を発表いたします。この名称は、1886年に女性用のソリテール ダイヤモンド エンゲージメント リング「ティファニー® セッティング」の発表によって世界中の恋人たちの心をとらえたブランドの創業者、チャールズ・ルイス・ティファニーに因んでいます。「チャールズ ティファニー セッティング」は、長年にわたりアイコンである「ティファニー® セッティング」にならい、ブランドの歴史に刻まれた愛と包括性のレガシーを継承しながらさらに発展させ、特別なラブストーリーを祝福し、互いの愛を誓い讃えるための新たな伝統を築くパイオニアとなります。

ティファニーが男性用に初めて提案するダイヤモンド エンゲージメント リングは、伝統的な男性用ウェディング バンド リングからモダンに、大胆に進化しています。プラチナとチタンをベースとするデザインは、シグネット リングのシルエットを彷彿とさせながら、パワフルな輪郭と現代的な存在感でクラシックなメンズスタイルを一新し、ダイヤモンドのセンターストーンを強調しています。


この「チャールズ ティファニー セッティング」は、最大5カラットのラウンド ブリリアント カット、およびエメラルド カットのダイヤモンドをセットしたデザインで発売されます。ラウンド ブリリアント ダイヤモンドをセットしたリングは、アイコニックな「ティファニー® セッティング」のバンド部分からインスパイアされたシャープなナイフ エッジ バンドが特徴です。一方、エメラルド カット ダイヤモンドをセットしたリングは、力強く建築的な斜角のエッジが印象的です。

ティファニーは、信頼できるダイヤモンド界のリーダーとして、自社のダイヤモンド サプライ チェーンの透明性をさらに高める努力を継続しています。「チャールズ ティファニー セッティング」に採用されるすべてのダイヤモンドを含め、新たに調達された0.18カラット以上の個別登録済みダイヤモンド一石一石について、加工における全プロセスの履歴を公表できるのは、グローバル ラグジュアリー ジュエラーのなかでもティファニーだけです。ダイヤモンドの原産地(国)だけでなく、どこでカット・研磨され、格付けや品質保証がなされ、ジュエリーにセットされたのかについての情報は、セールススタッフから入手できるうえ、ティファニーのダイヤモンド鑑定書にも記載されています。


2021年5月、「チャールズ ティファニー セッティング」エンゲージメント リングは世界各地のティファニー フラッグシップ ストアで発売されます。世界中の男性に、ティファニーのダイヤモンドの比類なき美しさとクラフトマンシップを通して愛を祝福し、讃えていただくために。

@TIFFANYANDCO



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?