ブルガリ「フィオレヴァー」に新作が登場。ローマに満ち溢れる喜びの精神を、纏うたびに楽しめるコレクション

ブルガリ「フィオレヴァー」に新作が登場。ローマに満ち溢れる喜びの精神を、纏うたびに楽しめるコレクション

記事画像

2021年5月、ローマの永遠の愛に着想を得た喜びに溢れるブルガリのアイコン「フィオレヴァー」より新作ジュエリーが登場しました。


類まれなブルガリのフィオーレ(イタリア語で花の意)は、ブランド誕生の地であるローマを着想源に、永遠の都の魔法と無限のロマンスをエレガントな煌めきで表現しています。

古代ローマより喜びと情熱のシンボルとしてローマ人に愛されてきたこのフィオーレは、永遠の都に咲き誇るアイコンとしていつの時代も親しまれてまいりました。英語で永遠を意味する「フォーエヴァー」とイタリア語で花を意味する「フィオーレ」を組み合わせたコレクション名を冠する「フィオレヴァー」ジュエリーは、自然のモチーフを幸福と快活さの永遠のシンボルとして称えた、ブルガリが宿すロマンティックなスタイルに再解釈されています。

創業以来、ブルガリは比類なきクラフツマンシップと創造性により、タイムレスなフィオーレモチーフを壮麗、かつ、大胆に表現してきました。ブルガリが愛してやまない自然からの賜物を様式化し、再解釈された「フィオレヴァー」アイコンは、4枚の花弁が象る花冠を華やかなボリュームと華麗なダイヤモンドによりデザインされています。大胆な曲線、上品で、洗練された形とボリューム感で作られたフィオーレは、ブルガリの不変のスタイルを世界にお届けします。ローマより、喜びを込めて。

喜びに満ちた輝きを放ち、洗練さと日常の装いになじみやすいデザインの「フィオレヴァー」新作ジュエリーは コレクションが宿すロマンティックな精神と、煌めきに溢れる唯一無二のデザインが見事に融合しています。

ブルガリは、創造性と独創性に富んだクラフツマンシップをさらに再解釈し、ホワイトゴールドにとダイヤモンドをあしらった、コンバーチブルジュエリーを発表します。総計6カラット以上のパヴェダイヤモンドをあしらった優美なネックレスには、小さな花の形をした留め具が施されてします。ブリリアントカットのダイヤモンドをセンターに配した魅惑的なネックレストップは、取り外してブローチとしても纏っていただけます。アイコニックな花モチーフにダイヤモンドのカスケードをあしらったフェミニンなホワイトゴールドのイヤリングは、カスケード部分を取り外すと、さまざまなスタイルにあわせやすい4つの花弁を模したスタッズピアスに変わります。コンバーチブルジュエリーにおける卓越したクラフツマンシップは、ブルガリのDNAに深く根ざしており、究極の輝きと「フィオレヴァ―」の軽やかで陽気な精神により再解釈された、楽しみやすく遊び心に溢れるクリエイションにより新たな表現方法を生み出しています。

澄んだ輝きのダイヤモンドと花びらの曲線にあわせた独自のカットにより象られた息を呑むほど美しいフィオーレをあしらった目を見張るようなリングは、自然の煌めきの美しさをグラマラスで魅惑的な輝きで再構築しています。前例のない、指を包み込むようにしなやかなスパイラルデザインのリングには、片方の先に壮大なフィオーレを、もう片方の先には風に吹かれた花びらを配しました。ピンクゴールドまたはホワイトゴールドにフィオーレをひとつあしらったペンダントネックレスは、軽やかなエレガントさと美しさを表現しており、オープンワークデザインの花弁は繊細さとフェミニンさが際立つ輝きを日常にもたらします。このパリュールを完成させるのは、ホワイトゴールドに煌めきに溢れるダイヤモンドをあしらったブレスレットです。ブレスレットを飾る、煌めく一輪の花と一体化した留め具は、着脱がしやすく、より快適な着け心地を実現しました。タイムレスな美しさが際立つテニスブレスレットとフィオーレモチーフの華やかで洗練された組み合わせが、普遍的な魅力をたずさえる魅惑的なジュエリーです。

煌めき、優雅さ、そして自然なエレガントさ。ローマに満ち溢れる喜びの精神を、纏うたびに楽しめるコレクションです。

「フィオレヴァー」新作ジュエリー


コンバーチブルネックレス
(ブローチとしてもご着用いただけます)
WGxDIA
624万8,000円(税込)


ペンダントネックレス
WGxDIA
41万4,700円(税込)


ペンダントネックレス
PGxDIA
39万1,600円


リング
WGxDIA
170万5,000円


イヤリング
WGxDIA
328万9,000円

ブレスレット
WGxDIA
360万9,000円
*2021年7月発売予定

※価格はすべて税込価格です。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 https://www.bulgari.com/ja-jp/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?