ルイ・ヴィトンから遊び心に溢れたプレシャスなタイムピース「ヴィヴィエンヌ ビジュ シークレット」が誕生

ルイ・ヴィトンから遊び心に溢れたプレシャスなタイムピース「ヴィヴィエンヌ ビジュ  シークレット」が誕生

記事画像

©Ulysse Frechelin
メゾンのチャーミングで大胆なマスコット「ヴィヴィエンヌ」がゴールドとダイヤモンドを纏ってドレスアップした、類い稀なウィメンズ・ウォッチ「ヴィヴィエンヌ ビジュ シークレット」が誕生。

ある日のこと、魔法に導かれたかのようにルイ・ヴィトンの世界に登場した愛らしいマスコット「ヴィヴィエンヌ」──当初は装飾的なオブジェとしてのみでしたが、メゾンのあらゆるクリエイティブの世界に入り込み、多種多様なアレンジで活躍する、真の意味でのマスコットとなりました。メゾンのすべての世界に溶け込んだ「ヴィヴィエンヌ」ですが、小粋で陽気な本質に変わりはありません。

すでにルイ・ヴィトンのアイコニックなモノグラム・キャンバスに登場し、ファインジュエリーにも変身して愛らしい魅力を発揮した「ヴィヴィエンヌ」はこのたび、ウォッチメイキングの世界に初めて足を踏み入れ、ルイ・ヴィトンのウィメンズ・ウォッチを優美に飾ります。

憬れを掻き立てるこの新たなタイムピースは、ウォッチメイキングとジュエリーメイキングのサヴォアフェール(匠の技)の融合です。

モノグラム・フラワーを模り、その煌めく瞳を大きく見開いた「ヴィヴィエンヌ」の顔は、150個のブリリアントカットダイヤモンドをスノーセッティングしたピンク、ホワイト、イエローゴールドの上で咲き誇っています。

変わらず遊び心に溢れるマスコットとしての魅力を発揮する「ヴィヴィエンヌ」──彼女のかくれんぼに仲間入りできるオーナーは幸せです。魔法が働いたかのように、「ヴィヴィエンヌ」の顔がくるりと回るとホワイトゴールドの21mmのケースが見え隠れします。ホワイトのマザー・オブ・パールのマルケトリ(嵌め込み細工)によるダイアルは、アイコニックなモノグラム・フラワーのパターンで美しく飾られ、ダイヤモンドのインデックスが煌めきを放ちます。このシークレットウォッチは、レッド、ターコイズブルー、エメラルドグリーン、ホワイトのアリゲーターストラップで展開しています。

さらに、ダイヤモンドを全面にセットしたブレスレットを組み合わせた特別バージョンもご用意。しなやかに動いて手首に完璧にフィットする4連構造のブレスレットです。

「ヴィヴィエンヌ ビジュ シークレット」は、ルイ・ヴィトンのウォッチメイキングとジュエリーのヘリテージに新たな輝きをもたらします。それは、過ぎゆく時間にプレシャスで謎めいたウィンクを贈るように──


「ヴィヴィエンヌビジュ シークレット」
税込参考価格:2,353万円
(アリゲーターストラップバージョン:987万円)

ムーブメント
・クォーツムーブメント
・機能:時、分

ケース
・シークレットウォッチ
・ダイヤモンドをセットした、18Kのホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドのケース
・ケース径:直径34mm
・厚さ:11.77mm
・反射防止加工サファイアクリスタル
・防水:30m

ダイアル
・マザーオブパールのマルケトリ(嵌め込み細工)によるモノグラム・フラワーのダイアル、8個のダイヤモンドインデックス

ストラップ & クラスプ
・18Kホワイトゴールドの4連ブレスレット、全面にダイヤモンドをセット

ボックス
・ハイウォッチメイキング トランク

ブリリアントカットダイヤモンド(398個、合計16.81カラット)


【ルイ・ヴィトンについて】
1854年創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを、常に最高級な品質で提供しつづけています。現在でも、ルイ・ヴィトンは、トラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながら、エレガントで、実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」の精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは、「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、ファッションアイテムやファインジュエリーをはじめとした多岐にわたる分野を展開しています。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LouisVuitton #ルイヴィトン



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?