映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」公開35周年! アーティストJUN OSONとのコラボ作品を三越伊勢丹オンラインストアで販売

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」公開35周年! アーティストJUN OSONとのコラボ作品を三越伊勢丹オンラインストアで販売

記事画像

? Universal City Studios LLC and Amblin Entertainment, Inc. All Right Reserved.
三越伊勢丹オンラインストアでは、6月9日〜6月22日の期間、「Back to the Future × Jun Oson」を開催します。1985年の第一作公開から昨年で35周年を迎え、映画好きに知らない人はいないであろうSF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。本イベントでは周年を記念し、広告や装丁などのデザインから作品制作まで幅広く手掛けるアーティストJUN OSON氏が、同作を独自の親しみやすいタッチで表現した作品をご紹介します。今回は、シリーズで人気の登場人物であるマーティやドク、デロリアンなどを様々な媒体で作品として制作。メインキャラクターのマーティ&ドクの描き下ろしパッケージ付きのソフトビニールフィギュアやキーホルダーなど、周年に相応しい豪華なラインアップを取りそろえます。
URL:https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f2/junoson_w.html


JUN OSON氏が手がける『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の世界


シルクスクリーンプリント 71,500円 [50点限り] A2サイズ(42×59.4cm)
※デジタルチケットサービス「PassMarket」にて抽選販売を行います。抽選受付期間は、6月9日〜6月15日となります。詳細は下記よりご確認ください。
https://app.mistore.jp/event/eventDetail/isetanshinjuku/01wju9pgisp11


マーティ&ドク ソフトビニールフィギュア(アーティストデザインBOX付き) 3万8,500円 (左・マーティ:高さ21cm、右・ドク:高さ22cm)
※デジタルチケットサービス「PassMarket」にて抽選販売を行います。抽選受付期間は、6月9日(水)〜6月15日(火)となります。詳細は下記よりご確認ください。
https://app.mistore.jp/event/eventDetail/isetanshinjuku/01h8u75h9qp11


マーティ&ドク キーホルダー 1,100円
※NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンとの商品化契約に基づき、株式会社ノーツが企画・製作した商品です。

その他、作品の購入に関する詳細やアーティストコメントは、三越伊勢丹オンラインストアおよびISETAN 3D ART PROJECTのInstagram(https://www.instagram.com/isetan_3d_artproject/?hl=ja)にてお知らせいたします。


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』


アカデミー賞受賞監督のロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグにより生み出された革新的でオリジナリティ溢れるアドベンチャー映画で、史上最も成功した三部作シリーズの一つとして今なお世界中のファンを夢中にさせています。マイケル・J・フォックス演じる高校生のマーティー・マクフライは、科学者のドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)が発明したタイム・マシーン“デロリアン”に乗って1985年から1955年にタイムスリップするが、時空を超えた連鎖反応に巻き込まれてしまい、未来に戻れないまま将来の自分の存在が消えてしまうことを知ります…。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズは、第1作の製作から35周年を迎える現在も、最先端のVFX、耳に残る数々の名曲、そして次から次へと展開するアクションシーンが世界中で世代を超えて愛され続けている名作シリーズです。


アーティストプロフィール


JUN OSON / ジュン・オソン
鎌倉在住のイラストレーターでアーティスト。
作家活動の他に、広告やアニメ、装丁やグッズデザインなど幅広く、国際的に活動中。
Instagram:https://www.instagram.com/junoson/


開催概要
「Back to the Future × Jun Oson」
会期:6月9日(水)〜6月22日(火)
三越伊勢丹オンラインストア
URL:https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f2/junoson_w.html


※価格はすべて税込です。
※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)