ハイク×ザ・ノース・フェイス第3弾、初のメンズラインがローンチ【2019春夏ウィメンズ】

ハイク×ザ・ノース・フェイス第3弾、初のメンズラインがローンチ【2019春夏ウィメンズ】

ハイク×ザ・ノース・フェイス第3弾、初のメンズラインがローンチ【2019春夏ウィメンズ】の画像

吉原秀明と大出由紀子によるハイク(HYKE)が10月18日、寺田倉庫で2019年春夏コレクションを発表した。テーマは設けず、服飾史や古着などから影響を受け、再構築し、デザインしているというハイク。今シーズンはアメリカやイギリス、フランスなどのミリタリークロージングからインスパイアされたコレクションを提案している。

昨年は毎日ファッション大賞を受賞するなど、人気、注目とも更にアップしており、自社でのミニショー形式でのインスタレーションではなく、本格的なランウェーショーとなった今シーズン。その期待に応えるように、ハイクらしさはしっかりと守りながら、デザインを更に進化・発展させ、バリエーションを広げたコレクションを見せた。

今シーズンのインスピレーションソースとなったのは、アメリカ海軍の40年代のサルベージパーカーや30年代のデッキパンツ、40年代のシャンブレーシャツやストライプ、アメリカ空軍のM-51フィールドジャケットやフィールドパンツなど30年代、40年代のアメリカのミリタリー。あるいは、40年代のイギリス軍のラップ・アラウンド・コートやフランス軍のモーターサイクルパンツなどの素材やディテールから着想したデザイン。

ボレロやパイソン柄、ミリタリーにしわを寄せ、クラシックなクチュールテーストをプラスしたデザインなどは続けながら、アメリカ、イギリス、フランスまでインスピレーション源を広げることでアイテムが増えている。さらに、鮮やかなレッドやブルー、ストライプ、シュルレアリスムやアバンギャルドとも共通する前後を逆にしたようなデニム、トレンドであるアシメトリーなデザインなど、遠くから見てもわかるインパクトのある色や柄をプラスし、デザインのバリエーションを広げることで、変化を印象付けた。

また、3シーズン目となるザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)とのコラボレーションも、アシメトリーなデザインやロゴマーク入りのシューズなどで新しさや時代性を強調。襟や丈など絶妙なバランスと空気感で、一目でハイクのデザインとわかるオリジナリティーと時代の空気やトレンドの共存するクレバーなコレクションを見せた。今回、初のメンズラインもローンチする。