ディオールから日本に着想を得た新フレグランス「ローズ カブキ」誕生!

ディオールから日本に着想を得た新フレグランス「ローズ カブキ」誕生!

ディオールから日本に着想を得た新フレグランス「ローズ カブキ」誕生!の画像

パルファン・クリスチャン・ディオール(Parfums Christian Dior)のフレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」より、新たな香り「ローズ カブキ」が誕生。

「メゾン クリスチャン ディオール ローズ カブキ オードゥ パルファン」(40ml 1万1,500円、125ml 2万6,000円、250ml 3万6,500円)
新フレグランス「メゾン クリスチャン ディオール ローズ カブキ オードゥ パルファン」は、日本に思いを馳せて誕生した。日本の文化は常にディオールのインスピレーションの源泉であり、同フレグランスのたおやかな美しい香りは、ディオールで大切にされてきた数々の記憶や、ディオール パフューマー クリエイター、フランソワ・ドゥマシー(Francois Demachy)が現実の旅と空想の旅を通じて育んできた香りの記憶も活かされている。

表情豊かなダマスクローズのエッセンスとアブソリュートでフローラルの香りが強調される一方で、繊細なニュアンスを巧みにはらむ。優しいローズのハートノートを包み込むパウダリーなムスクは、まるで美しい歌舞伎役者に化粧をするように劇場の荘厳な雰囲気を添える。ふくよかに漂うパウダリーとフローラルの美しいハーモニーに、かすかに香るカシスが生き生きとした華やかさをもたらし、ラストノートではローズがその本来の輝きと陽気さで香り立つ。パウダリーなムスクの化粧の影で、由緒あるローズがミステリアスな雰囲気を守り続けている。

「メゾン クリスチャン ディオール」
ローズガーデンのように豊かな同コレクションのローズ フレグランスのラインアップ。「ラ コル ノワール」がペッパーをアクセントにセンシュアルなローズ ドゥ メを際立たせ、「ローズ ジプシー」が太陽をふんだんに浴びた天真爛漫なみずみずしさを表現するなか、新しく抽象的な「ローズ カブキ」が謳い上げるのは、シルキーなムスクで化粧した極めて優美な花が織りなすコントラスト。ふんわりとした白いパウダーに包まれた「ローズ カブキ」は、限りなくソフトでみずみずしく、明るく優しいタッチで魅了する。

「メゾン クリスチャン ディオール ローズ カブキ オードゥ パルファン」

「日本の伝統、美しい歌舞伎の白塗り化粧に思いを寄せたとき、白いコットンのようにパウダリーなムスクに包まれた繊細なローズの香りを創りたいと思いました。この香りの中心は光を帯びた花びらに身を包んだローズ。そのやわらかな肌ざわりに、真珠のような露が光るみずみずしいグリーンがアクセントを添えるのです」とフランソワ氏は語る。

1955年冬、パリはモンテーニュ通り。日本からパリに着いたばかりの歌舞伎一座が、開店間もないクリスチャン・ディオールのブティックを訪れた。温かく迎えられ、心のこもったもてなしを受けた役者たちは、新進のディオール メゾンが発売した初めてのフレグランスを目の当たりにし、一様に驚きに包まれたという。

心を揺さぶるようなフローラルの香りで、日本文化とフレンチエレガンスが遭遇したときの夢のような瞬間を思い起こさせる「ローズ カブキ」。パウダリーなムスクに包まれ、光を帯びた繊細なローズが香る美しい名のフレグランスは、公式オンラインブティック、ギンザ シックス、表参道ブティックにて限定発売される。