Tevaからアッパーがボアフリースになったスリッポンシューズが登場! 秋冬のキャンプにもぴったり

Tevaからアッパーがボアフリースになったスリッポンシューズが登場! 秋冬のキャンプにもぴったり

記事画像

ReEmber Fleece
1984年に世界で初めてストラップ付きスポーツサンダルを開発したことから誕生したTeva(R)(テバ)では、かかとを踏んで2WAYで履ける人気のスリッポンシューズのアッパーに、再生ポリエステルのボアフリース素材を採用した「ReEmber Fleece(リエンバー フリース)」を、9月17日より発売します。販売店舗は全国のTeva取り扱い店舗と公式オンラインストアです。

「ReEmber Fleece」は、アッパーに軽い水や汚れをはじく撥水加工を施した再生ポリエステルのボアフリースを採用し、裏地には再生ポリエステルのマイクロファイバーを使用した、ソフトな履き心地が特徴のユニセックスモデルです。反発性の高いポリウレタンのフットベッドが足への衝撃を緩和し、インソールには抗菌加工を施し足の臭いを緩和します。


思わず手に取りたくなるような、秋冬にぴったりな温かみのある風合いと履き心地の「ReEmber Fleece」 は、秋冬のキャンプや車での移動、ワンマイルシューズやルームシューズなどマルチに活躍する1足です。

商品の詳細は下記をご覧ください。


Teva SHOES COLLECTION 〜 Unisex 〜
人気の2WAYスリッポンシューズをリサイクルフリース素材でアップデート




■ ReEmber Fleece(リエンバー フリース)
軽い水や汚れをはじく撥水加工を施した100%再生ポリエステルのソフトなフリースをアッパーに採用した新モデル。裏地にはソフトで肌触り抜群の100%再生ポリエステルのマイクロファイバーを採用。反発性の高いポリウレタンのフットベッドが足への衝撃を緩和して弾むような履き心地。アウトソールとミッドソールには粉砕再生素材、ウェビングには地球にやさしい米国Unifi社の?100%再生プラスチック素材REPREVE(R)を使用。足の臭いを緩和するイージス(R)抗菌加工済。
価格:1万1,000円(税抜 1万円)
Unisex(22.0cm ? 29.0cm)
カラー:Sand Dune, Birch, Black

Sand Dune
Birch
Black

【 About Teva 】
Teva(R)(テバ)は、1984年にグランドキャニオンの岸で世界で初めてのスポーツサンダルを開発しました。アドベンチャー精神からインスパイアされた、多用途で耐久性のあるモダンアウトドアシューズは、冒険好きでアクティブなライフスタイルを送る世界中の人々に愛されています。2020年、テバは主要なサンダルのストラップを100%リサイクルプラスチック素材に切り変えました。次世代が自由に冒険し、自然を楽しめるよう、Tevaは地球環境への負荷削減に取り組んでいます。Deckers Brandsの一部門であるTevaの詳細についてはjp.teva.comをご覧ください。

【 About Deckers Brands 】
Deckers Brandsは、イノベイティブなフットウエア、アパレル、ファッション小物のデザイン、販売、卸売を行うグローバルリーダーとして、カジュアルなライフスタイルで日常的に使うアイテムと、ハイパフォーマンスな活動にふさわしい製品の両方を手掛けています。ブランドポートフォリオには、UGG(R)、Koolaburra(R)、HOKA ONE ONE(R)、Teva(R)、Sanuk(R) があります。Deckers Brandsの製品は、50を超える国と地域において、特定のデパートおよび専門店、当社が所有・運営する小売店、当社所有のウェブサイトを含む特定のオンラインストアで販売されています。Deckers Brandsは、フットウエアのニッチブランドを世界中から何百万人もの愛用者を引きつける市場屈指のライフスタイルへと成長させる、40年にわたる実績を持っています。
詳しくは https://www.deckers.com をご覧ください。

【 お問い合わせ先 】
デッカーズジャパン TEL:0120-710-844 https://jp.teva.com
公式Facebookページ www.facebook.com/TevaJapan
公式インスタグラム(Teva日本アカウント) @tevajapan



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)