メゾン マルジェラ「レプリカ」フレグランス初のボディーローションとハンドクリームが登場

メゾン マルジェラ「レプリカ」フレグランス初のボディーローションとハンドクリームが登場

記事画像

メゾン マルジェラ「レプリカ」フレグランスより、初のボディーコレクションとして、ボディーローションおよびハンドクリームが登場します。 香りは「レプリカ」フレグランスのベストセラー*1「レイジーサンデー モーニング」。やわらかな肌とリネンの香りをイメージしたフローラルムスクの香りを、ボディーケアでもお楽しみいただけます。
*1メゾン マルジェラ フレグランス内においての売上個数に基づくベストセラー


「レプリカ」ボディーコレクションは、「レプリカ」フレグランスを手掛けた調香師の監修のもと研究開発されました。滑らかでリッチなテクスチャーが肌に潤いを与えながら、レイジーサンデー モーニングのやわらかな香りが全身を包み込みます。ボディーローションはリサイクル可能な200mLのポンプタイプ、ハンドクリームは持ち運びにも適した30mLのチューブタイプです。


「レプリカ」ボディーコレクション 製品概要

2021年12月10日(金)発売(一部店舗にて12月6日(月)先行発売)
※先行発売は、メゾン マルジェラ「レプリカ」フレグランス ポップアップストア(表参道ヒルズ)にて実施


◇製品名 :レプリカ ボディーローション レイジーサンデー モーニング
◇保湿成分:シアバター、コルザオイル (アブラナ種子油)、グリセリン
◇容量 :200mL
◇価格 :6,820円(税込)



◇製品名 :レプリカ ハンドクリーム レイジーサンデー モーニング
◇保湿成分:ヒアルロン酸、シアバター、スイートアーモンドオイル (アーモンド油)
◇容量 :30mL
◇価格 :4,180円(税込)


人気の香り「レイジーサンデー モーニング」とは



イタリア、フローレンスの清々しく晴れた日曜の朝。洗い立てのリネンのシーツがなめらかに肌を包み込む。いつまでもこのままでいたい、フレッシュでゆっくりとした落ち着きのひと時を再現した人気の香りです。

◇製品名 :レプリカ オードトワレ レイジーサンデー モーニング
◇香り :フローラルムスク
◇容量/価格 :100mL 1万7,600円(税込)
30mL 8,800円(税込)
10mL 3,850円(税込)


取り扱い店舗

― オンライン ―
@cosme SHOPPING
https://www.cosme.com/maisonmargielafragrances/
「HANKYU BEAUTY ONLINE」
https://web.hh-online.jp/hankyu-beauty/shop/index.html?shoptype=1&cid=bbs_nmml

― 店舗 ―


メゾン マルジェラ「レプリカ」フレグランス ポップアップストア(2021年4月22日〜12月31日)
阪急うめだ本店2階 HANKYU BEAUTY フレグランス
@cosme TOKYO
ISETAN MiRROR Make&Cosmetics ルミネ新宿店
※店舗によって取り扱う製品が異なる場合もありますので
ご了承ください。


メゾン マルジェラ「レプリカ」フレグランスとは

― 時や場所を超え、記憶やムードを再現する ―
メゾン マルジェラは、1988年にパリで設立されたファッションブランド。オーセンティシティー(信頼性)、アノニミティー(匿名性)、リコンセプション(再構想)を通してそのクリエイティビティを発信しています。1994年、世界中から見出されたヴィンテージの洋服やアクセサリーを再現した「レプリカ」カプセルコレクションをスタートしました。「レプリカ」のコンセプトは時代を超えた普遍性にあり、オリジナルの信頼性と魅力は忠実に再現され、「レプリカ」ラベルには元の生産国や機能、年代が記されています。

2012 年、このコンセプトに着想を得て「レプリカ」フレグランスが誕生しました。それぞれの“シーン”を再現した香りが人々の潜在意識に語りかけ、記憶やムードを呼び覚まします。時や場所を超え、鮮明な香りの記憶の旅へ。
==================================
◇お問合せ先 :メゾン マルジェラ フレグランス Tel 03-6911-8413
◇Instagram :@maisonmargielafragrances
==================================



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)