フェンディが世界の厳選された12の旗艦店でアイコンバッグのメイド・トゥ・オーダー サービスを開催

フェンディが世界の厳選された12の旗艦店でアイコンバッグのメイド・トゥ・オーダー サービスを開催

記事画像


イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)は、12月2日より世界の厳選された12の旗艦店にて、迅速かつユニークなパーソナライゼーションを可能にするメイド・トゥ・オーダーサービス「バゲット ホリデー エディション(Baguette Holiday Edition)」を開催いたします。

フェンディのアイコンである「バゲット(Baguette)」は、アクセサリー、およびメンズウエア部門のアーティスティック ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)によって1997年に発表されました。たちまち世代を問わず女性たちの ”マストハブ” アイテムとなった「バゲット」は、小脇に収まる横長のシェイプとアイコニックなフロントの「FF」ロゴバックルが特徴です。

今回カスタマイズの主役を務めるのは、マグネットによって簡単に交換できるバックル。バックルの外枠と内側の素材・色を選び、無限の組み合わせをお楽しみいただくことができます。大小の煌めくクリスタルや、イタリアの大理石を彷彿とさせるエナメル加工を施したマーブルストーンなど、豊富なバリエーションをご用意いたしました。


バッグ本体は、それぞれ4色をそろえた3種類のユニークな素材がラインアップ。細かいビーズ刺しゅうと幾何学的なマトラッセパターンを施したシアリングは、クリーム、ライトブルー、ミントグリーン、ブラッシュピンクからお選びいただくことができます。同様のパターンはパイエット刺しゅうのスタイルでも登場し、ブラック、ライトブルーブラッシュピンク、ミントグリーンの他に、スペシャルバージョンとしてブラックとホワイトのマーブルプリントもご用意いたします。パステルカラーの大理石を彷彿とさせるマーブルプリントは、パウダーピンク、ベビーブルー、ダストグレーに、小さなクリスタルが刺しゅうされ、ベルベット素材に活気を与えています。

ご自分だけの特別な「バゲット」を求めて、お客様がバックルの組み合わせをお楽しみになる「カチッ」という音がフェンディ ブティックに響きわたることでしょう。

メイド・トゥ・オーダーサービス「バゲット ホリデー エディション」は、2021年12月2日より、フェンディ 銀座店の他ミラノ・モンテナポレオーネ通り、ロンドン・ニューボンドストリート、ミュンヘン・マキシミリアン、ニューヨーク・ソーホーダラス・ハイランドパーク、マイアミ・バルハーバー、ドバイ・モール、上海・プラザ66、成都・IFS、香港・ランドマーク、ソウル・新世界百貨店江南店の世界限定12店舗でご体験いただけます。

イベント名称:バゲット ホリデー エディション
会期:2021年 12月2日(木) 〜 12月22日(水)
住所:〒104-0061東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 1F
営業時間:午前10時30分 〜 午後8時30分
※最新の営業時間は、GINZA SIX公式ホームページをご確認下さい。





企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)