泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が大阪にオープン! 併設カフェでは黒をテーマにしたメニューを提供

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が大阪にオープン! 併設カフェでは黒をテーマにしたメニューを提供

"泊まれる本屋"大阪で開業へ

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が大阪にオープン! 併設カフェでは黒をテーマにしたメニューを提供

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が大阪にオープン! 併設カフェでは黒をテーマにしたメニューを提供の画像

泊まれる本屋「ブックアンドベッドトウキョウ(BOOK AND BED TOKYO)」の6店舗目となる心斎橋店が、12月13日に大阪・心斎橋にオープンする。オープンに先駆け12月3日正午より予約を開始した。

(C)?BOOK AND BED TOKYO 2018
不動産のセレクトショップ のアールストア(R-STORE)が 「泊まれる本屋(R)?」をコンセプトに展開する「ブックアンドベッドトウキョウ」は、“読書をしてたらいつの間にか寝てしまった”という、誰もが一度は経験した事があるであろう最高に幸せな「寝る瞬間」の体験ができるホステル

(C)?BOOK AND BED TOKYO 2018
(C)?BOOK AND BED TOKYO 2018
2016年の2月にオープンした京都店に次ぐ、関西で2店舗目となる心斎橋店は、グラフィックデザインはSoda design、内装をINTENTIONALLIESが手がけ、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSがセレクトした約2,000冊の本が蔵書された本棚の中に埋め込まれたベットで眠るような構造となっている。オープン翌日12月14日からは宿泊だけでなく、デイタイムのラウンジスペースとしての利用も可能。


(C)?BOOK AND BED TOKYO 2018
(C)?BOOK AND BED TOKYO 2018
また、12月8日には同施設に併設する黒をテーマカラーにしたメニューで人気の「ブックアンドベッドトウキョウ」のカフェ「バイ ブックアンドベッドトウキョウ(by BOOK AND BED TOKYO)」もオープン。 大阪未上陸の「Coffee Supreme」の豆を使用したコーヒーや、ブラックラテ、ブラックコーヒーゼリーミルクなど黒を基調としたレギュラーメニューに加え、 京都・裏寺町で人気のフレッシュフルーツを贅沢に使ったサワー専門店「sour」と共同開発した、 溢れるブラックフルーツサンドといった心斎橋店限定のフードも楽しめる。



【施設情報】
BOOK AND BED TOKYO?心斎橋店
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
時間:宿泊 チェックイン16:00〜23:00 チェックアウト翌11:00まで、デイタイム利用13:00〜20:00