リーボック クラシックから、スペインの人気キッズブランドとコラボしたキッズスニーカーが発売

リーボック クラシックから、スペインの人気キッズブランドとコラボしたキッズスニーカーが発売

リーボック クラシックから、スペインの人気キッズブランドとコラボしたキッズスニーカーが発売の画像

リーボック(Reebok)は、歴代の名作を中心に展開するカジュアルライン「リーボック クラシック(Reebok CLASSIC)」にて、スペインのキッズファッションブランド、ジ・アニマルズ・オブザーバトリー(THE ANIMALS OBSERVATORY)とコラボレーションしたキッズスニーカーコレクションを12月10日から発売中。

Reebok x THE ANIMALS OBSERVATORY
ジ・アニマルズ・オブザーバトリーは、同じくスペインの人気キッズブランド、ボボ・ショセス(BOBO CHOSES)にてクリエイティブディレクター兼デザイナーを務めたライア・アギラルが手掛けるブランドで、美しい色使いと独特のイラストが特徴だ。
「FREESTYLE TAO x Reebok(フリースタイル タオ×リーボック)」(12.0cm〜16.0cm 税込7,549円、17.0cm〜25.0cm 税込8,629円)
今回のコラボレーションでは、80年代のリーボックを代表し、女性用初のスニーカー、フィットネスシューズである「FREESTYLE(フリースタイル)」をベースにした「FREESTYLE TAO x Reebok(フリースタイル タオ×リーボック)」(12.0cm〜16.0cm 税込7,549円、17.0cm〜25.0cm 税込8,629円)、「FREESTYLE GRAPHIC TAO x Reebok(フリースタイル グラフィック タオ×リーボック)」(12.0cm〜16.0cm 税込7,549円、17.0cm〜25.0cm 税込8,629円)を発売。
「WORKOUT PLUS GRAPHIC TAO x Reebok(ワークアウト プラス グラフィック タオ×リーボック)」(12.0cm〜16.0cm 税込7,549円、17.0cm〜25.0cm 税込8,629円)
そして同じく80年代にメンズ用フィットネスシューズとして人気を博した「ワークアウトプラス(WORKOUT PLUS)」がベースになった「WORKOUT PLUS TAO x Reebok(ワークアウト プラス タオ×リーボック)」(12.0cm〜16.0cm 税込7,549円、17.0cm〜25.0cm 税込8,629円)、「WORKOUT PLUS GRAPHIC TAO x Reebok(ワークアウト プラス グラフィック タオ×リーボック)」(12.0cm〜16.0cm 税込7,549円、17.0cm〜25.0cm 税込8,629円)など、ジ・アニマルズ・オブザーバトリーのイマジネーション溢れるパターンや色彩が反映されたユニークなキッズスニーカーがラインアップ。

Reebok x THE ANIMALS OBSERVATORY
取り扱いは、リーボック オンラインショップ(http://reebok.jp)、ZOZOTOWN、LES 400 COUPS 各店、ANY PLACE、can can poix、chocolate soup、habit children、iLYNOI、littowa、pippi、POUPONS、tototo&、W the store、ピーカブーヤ、阪急百貨店うめだ本店、COMECHATTO&CLOSET、HOLY FIELD、chimo、伊勢丹新宿本館 リ・スタイル キッズにて。