伊勢丹新宿店 リ・スタイルでAKIRANAKAのポップアップを開催。「色彩」を編み込みで表現したニットの伊勢丹別注が登場

伊勢丹新宿店  リ・スタイルでAKIRANAKAのポップアップを開催。「色彩」を編み込みで表現したニットの伊勢丹別注が登場

記事画像


伊勢丹新宿店では、2月2日〜2月8日までの間、 本館3階 リ・スタイルで〈AKIRANAKA〉2022 RESORT COLLECTION POP UPを開催いたします。「色が導き出す姿勢」をテーマに、、様々な色彩を帯びた衣服を身に纏う時に導かれる感情を追求した本コレクション。ダスティカラー、ペールカラーを中心に、“跳ね返る色”“光の中の色”“透け感にゆらめく色”など女性の感情のような定まらない色彩が新たに表現されています。〈AKIRANAKA〉の今シーズンの世界観を味わえる演出とPOP UPならではの品揃えをご紹介します。


「1点ものニット」の伊勢丹新宿店別注色に注目

今シーズンのテーマである“色彩”を編み込みで表現したニットは、ある民族衣装に用いられる髪の編み込み技術からインスピレーションを得たもの。切り替え部分をハンドニットで編み、さらに手で裂いた布などの様々なテープやリボンを手刺繍で編み込んだクチュールライクな一点。膨大な時間をかけ編まれたスペシャルニットは、伊勢丹別注の3色(オフホワイト、ライトブラウン、ネイビーカラー)をご用意致します。

front
back
front
back
front
back
ニット(サイズ:1/ポリエステル61%、綿22%、分類外繊維(和紙)16%、ナイロン1%/オフホワイト、タイトブラウン、ネイビー)各9万3,500円


フォトグラファー東海林広太氏によるコレクションヴィジュアルの展示/作品集の販売

日常の様々なシーンを独自の視点で捉える写真家の東海林広太氏により、2022 RESORT COLLECITONのヴィジュアルが撮影されました。洋服のディティールやシルエットだけでなく、女性の様々な感情や側面をドキュメンタリー風に写したヴィジュアルを本POP UPにて展示致します。また東海林広太氏の写真集も販売します。

◆ヴィジュアル一例◆




◆東海林 広太氏写真集◆

『つぎのblue』/ 3,300円



『a flower in not flower』 / 3,850円


◆東海林 広太氏 プロフィール
写真家・フォトグラファー。1983年生まれ、東京都出身。アシスタントを経て、2007年にスタイリストとして独立。2014年より独学で写真を始め、写真家として活動。現在では国内外問わずコマーシャルワークから作家活動までジャンルレスに活動中。


リ・スタイルとは

1996年に伊勢丹新宿店に誕生した自主編集ショップ。国内外の70〜80ブランドの最新コレクションを取り揃える。今年、誕生25周年を迎え、ショップステイトメントを「Beautiful Choice」に変更し、ひとりひとりの価値観・生き方というスタイルに、美しい選択を提案する。最新コレクションからヴィンテージまで、国内外のブランドを衣服に限らず独自のコンセプトで編集・発信しつづける、スタイリングショップです。


インフォメーション

■AKIRANAKA 2022 RESORT COLLECTION POP UP
会期:2月2日(水)〜2月8日(火)
会場:伊勢丹新宿店 本館3階 リ・スタイル
三越伊勢丹オンラインストア:https://www.mistore.jp/shopping/brand/women_b/022245.html
※一部商品のお取り扱があります。

■ショップニュース
https://www.mistore.jp/store/shinjuku/shops/women/restyle/shopnews_list/shopnews0211.html

■リ・スタイル公式インスタグラム
@restyle_isetan_shinjuku


※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。
※画像はイメージです。
※価格はすべて税込みです。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)