NIGO?が半世紀を経てパリに蘇らせた高田賢三スピリット【ケンゾー2022秋冬】

NIGO?が半世紀を経てパリに蘇らせた高田賢三スピリット【ケンゾー2022秋冬】

記事画像


昨年9月に新しいアーティスティックディレクターしてNIGO?の就任を発表した「KENZO」の2022年秋冬コレクションがパリファッションウィーク・メンズの最終日1月23日に行われた。


ランウェイの会場となったギャルリーヴィヴィエンヌは1970年にケンゾーの最初のショーが行われ、ショップ「ジャングルジャップ」があった場所。コレクションは当時の高田賢三自身のオリジナルスケッチ、アーカイブのフラワーモチーフ
が描かれたジャケット、プリンス・オブ・ウェールズ・チェック柄などを、NIGO?らしい「アイビー」のコードを取り入れながら構成。彼が自身のブランド「ヒューマンメイド」で手がけている日本文化の工芸からヒントを得たものを、今回のテーマである”リアル・トゥ・ウエア“に落としこんだメンズとウィメンズの60ルックが披露された。



ストリートファッションを代表するスカジャン(スーベニア・ボンバージャケット)、スタジアムジャンパーなどのアイテム、陶芸の赤絵や作務衣、ジャパニーズデニムなど西洋と日本、メインとサブ、実用性と非実用性、それぞれのカルチャーがNIGO?を通して2022年のラグジュアリーなアイテムとして提案されている。



ショーのフロントローには盟友のファレル・ウィリアムス、タイラー・ザ・クリエイター、YE(カニエ・ウエスト)、プシャTなどヒップホップの豪華スターが並び、テリヤキボーイズ、エイサップ・ロッキー、リル・ウージー・ヴァートなどが参加したショーで使用された楽曲はNIGO?の17年ぶりのアルバムとなる「I know NIGO?」として2月に発売される予定。


「KENZO」は2012年春夏からデザイナーに起用され、タイガーロゴでブームを巻き起こしたウンベルト・リオンとキャロル・リムが2020年春夏シーズンで退任。最後のシーズンはビヨンセの妹であるソランジュがパフォーマンスを行う壮大なショーが行われたが、その後を引き継いだポルトガル出身のフェリペ・オリヴェイラ・バティスタは2年でメゾンを去ることになった。


関連記事(外部サイト)