ルイ・ヴィトン 神戸 メゾンが神戸旧居留地内で移転、新たに『ルイ・ヴィトン 神戸店』をオープン

ルイ・ヴィトン 神戸 メゾンが神戸旧居留地内で移転、新たに『ルイ・ヴィトン 神戸店』をオープン

記事画像


ルイ・ヴィトンは、歴史とモダンな文化が薫る神戸旧居留地に構える店舗を移転し、来る3月19日(土)、新たにルイ・ヴィトン 神戸店をオープンいたします。

新たに誕生するラグジュアリーな空間では、トラベルラゲージをはじめ、バッグや小物、ウィメンズ & メンズのプレタポルテとシューズ、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスにいたるまで、豊富なラインアップをご用意。3フロアにわたる開放感溢れる店内では、メゾンの多彩な世界観をお楽しみいただけます。

1983年に初めて神戸元町に店舗をオープンして以来、ルイ・ヴィトンは日本、そして神戸との豊かな歴史的関係を育んできました。新たなルイ・ヴィトン 神戸店は、この絆を大切にすると共に、厳選されたファニチャーやアートを通して日本ならではのデザインを讃えます。


ルイ・ヴィトン 神戸店
2022年3月19日(土) オープン
住所:兵庫県神戸市中央区明石町44
営業時間:11:00-20:00
定休日:不定休
お問合せ先:ルイ・ヴィトン クライアントサービス T 0120 00 1854
取扱い製品:トラベルラゲージ、ウィメンズ & メンズ レザーグッズ、ウィメンズ & メンズ プレタポルテ、ウィメンズ & メンズ シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランス、書籍など


【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトwww.louisvuitton.comをご覧ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)