オランピア・ル・タンが手がける新プロジェクト「Hotel Olympia」のポップアップイベントを伊勢丹新宿店で開催

オランピア・ル・タンが手がける新プロジェクト「Hotel Olympia」のポップアップイベントを伊勢丹新宿店で開催

記事画像


伊勢丹新宿店は、2月19日から3月5日の期間、「Hotel Olympia」を開催します。本イベントは、2018年に自身の名を冠したブランドを休止し、現在はニューヨークを拠点にクリエイティブディレクターとして活動するオランピア・ル・タンが、3年ぶりに自身の名義で行う新プロジェクトのポップアップイベントです。世界中のホテルからインスピレーションを得た空間の中、オランピア・ル・タンの一番の特徴である刺繍を用いた初のアート作品をはじめ、ホテルをイメージした本イベント限定のオリジナルグッズやインテリアなどをご紹介します。
URL:https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f2/olympialetan_w.html


アート作品 全18種(各エディション10点のみ、オーダー制、額代別途)

Hotel Olympia 33万円
Bed with quite 33万円
The Rooftop Bar 22万円
The Children's Suite 33万円

本イベント限定のオリジナルグッズ


Embroidered Sweatshirt 1万9,800円 ※画像はイメージです


Enamel keychain 2,750円 ※画像はイメージです

Tote bag 各8,800円 ※画像はイメージです

「Hotel Olympia」イベントコンセプト
オランピア・ル・タンが手がける仮想のホテル空間。オランピア・ル・タンは、世界中のお気に入りのホテルから何年にもわたって小物類を収集しインスピレーションを得て、これらの貴重な小物類の自身のオリジナルバージョンを制作したいと考えていました。「Hotel Olympia」は、ホテルのような空間の中で展開されるラグジュアリーなホームグッズ、アクセサリー、ワンマイルウエアといったコレクションを通し、休暇の体験を映し出します。作品の多くはシグネチャーである刺繍が特徴で、世界中の職人によって作られています。
ドールハウスのロゴは、ニューヨークのアーティスト、アウレル・シュミットとのコラボレーションで制作されました。今シーズンは、フォトリアルな一連の「ルームサービス」グラフィックと、クラシックなホテルの図に遊び心のある一工夫を加えたものが特徴です。


オランピア・ル・タン プロフィール
<シャネル>や<バルマン>のデザインスタジオでのキャリアを経て、2009年、祖母から受け継いだ才能“刺繍”と、父親のピエール・ル・タンとともに熱狂した“文学”の二つのこだわりをミックスさせたアクセサリーレーベルを設立。ブランドアイコンであるブッククラッチは瞬く間にヒットし、世界中のセレクトショップや百貨店で扱われた。

2012年3月、最初のプレタポルテコレクションを発表。英国とパリの伝統をミックスした、ひねりを加えたクラシックなコレクションが特徴。オランピアは、文化やアートの世界の要素や、多くのコラボレーションを含むテーマ性のあるコレクションでの創作活動を常に楽しんでいる。また、スパイク・ジョーンズ監督がオランピアのために製作した短編アニメーションもカンヌ映画祭で上映され好評を博した。

2018年からは<マーク・ジェイコブス>「コンテンポラリーライン」のクリエイティブディレクターを二年間務め、現在はニューヨークに在住し、独立したクリエイティブディレクターとして活動。「Hotel Olympia」は、オランピア自身の活動休止三年間を経た、最初のプロジェクトとなる。


開催概要
「Hotel Olympia」
会期:2月19日(土)〜3月5日(土)
会場:伊勢丹新宿店 本館2階 イセタン ザ・スペース
URL:https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f2/olympialetan_w.html

※価格はすべて税込です。
※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)