【ルック】オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー 2022-23年秋冬コレクション

【ルック】オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー 2022-23年秋冬コレクション

記事画像

Off-White?は、パリ・ファッションウィークにおいて、ヴァージル・アブローの不変的なビジョンと価値観を祝う"Spaceship Earth: an Imaginary Experience (宇宙船地球号:想像上の経験”と題したショーを開催致しました。Spaceship Earthは、地図であると同時に移動手段であり、宇宙船、劇場、別世界への入り口という、想像力にすべてを捧げた世界を意味する概念です。パレ・ブロンニャールで開催されたショーは、ヴァージル・アブローが企画したブランドのプラットフォーム「 Imaginary (架空の世界)」を具体化する、学際的表現のひとつに過ぎません。Imaginary」は文化の再解釈、破壊、変革に取り組み、新しい対話と未来の形式を提案する手段です。


生前ヴァージルは、文化の枠を超え、すべての人に開かれた普遍的な対話を定義したいと述べており、故に、オフーホワイト?の次のチャプターは、創設者兼クリエイティブ・ディレクターであったヴァージル・アブローが指針していた哲学 "Question Everything/ すべてを疑え"に基づいて継続します。過去と未来、文化とサブカルチャーの間の交流を促し、”今”を明確にし、進歩し続けていくブランドのミッションは、2022年春にデビュー予定のブランド初のビューティーコレクション、Off-White? Paperworkのランウェイデビューを特徴付けました。さらに今回のランウェイでは、2022年秋冬のメンズとウィメンズのレディ・トゥ・ウエアに加え、ヴァージル・アブローがデザイン、構想、最終決定までを手掛けた、初の ”High Fashion”ラインも発表されました。


ウィメンズコレクション ”Seeing Red”は、90年代のハイテクとボヘミアンのコントラストとサブカルチャーをテーマにしています。挑発的なシルエットにニュートラルカラー、ブルー、パープル、イエローのポストモダンな色をアクセントに、花柄、チェック柄、抽象的で控えめなプリント、マスキュリンな要素とのバランスを掘り下げました。結果現代のパーティーガールの雰囲気を再現した新鮮な美的言語が生まれ、それが2つの新しいコラボレーションのシューズ、Nike x Off-White? Air Force 1 MidとChurch'sに反映されています。この2型のシューズはメンズとハイファッションのルックでも使用されています。

先鋭的なマイクロ丈にカットされたしなやかなイブニングドレス、ドロップウェイストのデニムやパンツ、グラマラスなニットウエアのセットアップにトランスペアレントな素材や官能的なブークレウールのニット、ファジーな質感のカットアウトのジャガードをレイヤードします。スワロフスキー・クリスタルは輝きとリュクスを表現します。


新しいボリューム感とプロポーション、主張のあるボックスポケットを備えたヘビーカーゴのアウターウエアはセクシーかつイージーなシルエットのドレスを引き立てます。スケートカルチャーからインスピレーションを得たアウターウエアは“Skiwear”と題したカプセルコレクションに発展しました。スケートとスノーボードのコードをミックスし、オーバーサイズでありながら女性らしいシルエットのジャケット、パンツ、オーバーオール、ジャンプスーツが、3層構造のテクニカルなパフォーマンステキスタイルで登場します。


“Skiwear”はメンズコレクションでも展開し、スケートカルチャーからインスパイアされオーバーサイズなシェイプをテクニカルなディテールと3層構造のパフォーマンステキスタイルでミニマルに再構築した、モダンなタイダイプリントのアイテムはランウェイのルックにも組み込まれています。


“Foreign Exchange”と名付けられた秋冬メンズは、ブランドのミニマリズムを受け継ぎ、ニットウエア、テーラリング、コート、アウトウエアなどを独自のサルトリアのコードを使って進化させました。千鳥格子のウールやフランネルウールなどの伝統的なメンズウエアの構造や素材を見直したコートやテーラリングは、リラックス且つ誇張されたフィット感が特徴です。ダウンジャケットはキャンバス地で、マッキントッシュジャケットはタータンウールで、フーディ、トラウザー、ラウンジパンツ、シャツは上質なレザーで登場します。ブランドのアイコンであるアローのグラフィックをは”Racing Arrows”と改名し、ポップで遊び心のあるディテールに再解釈しアップデートしました。



オーバーサイズのポロシャツ、フットボールTシャツ、タートルネックなどをラグジュアリーな糸で編み上げたニットウエアは、スケートとハイファッションの文化の融合を象徴します。繊細なディテールと洗練された技術で再現されたオリジナルのグラフィティパターンやジャガードは、オフ-ホワイト?の大胆なグラフィックのDNAを忠実に表現しています。



デビューコレクションとなる “High Fashion” は、メインラインと共に、ファッションの最高峰であるパリという舞台で、ファッションの慣習を意図的に覆すことに挑戦します。オートクチュールを都市部特有の服の原点として分類するのではなく、オートクチュールをライフスタイルの表現と、その基盤を形成する習慣やイデオロギーの最高峰の表現として捉えます。“> Than a Bride,” と題された28ルックのコレクションは、ボリューム感のある袖の白いシルクタフタのモワレドレス、The Bride?で幕を開けました。スカートをたくし上げダンスフロアで踊る少女を思わせる前上がりのスカートが特徴的なこのドレスに、フロントには “Babe”、バックには”First Time For Love”の刺繍が入ったブルーのベースボールキャップにレースのヴェールをコーディネートしています。


ディテールと個性が豊かな本コレクションは、ヴァージルの豊富なカルチャーのボキャブラリーを称え、Off-White?の代表的な瞬間を思い起こさせるとともに、「More Life」と書かれたThe Party Girl?のバッグに示されているように、人生を恐れずに受け入れることをそれとなく提唱します。

ショーの中で、モデルたちはヴァージルが見てきたファッション界特有のボディランゲージやジェスチャーを真似していました。タバコを吸い、シャンパンを飲み、コカ・コーラを飲む、Off-White?のハイファッション・ガール達は、既成の文化的記号を取り入れながら、新しい価値観へ変えていきます。それは、言葉を選ばず言えば、「エレベーション / 昇華」なのです。しかし、ヴァージル・アブローが実践してきたように、一度エレベーターで上ったのなら、再び下降させるのが義務なのです。


The Carrie B.?, The Chicago Bulls?, The Kylie? ,The Diva?, The Stripper?, The Soccer Player?, The Skater? The I Only Smoke When I Drink? , The You Cut Me Off? to The Smoking? , The Fuchsia? など、Off-White?が良く使用していたマニフェストや文化の象徴や慣習、ヴァージルのお気に入りの色やNBAチーム、子供の頃に愛用していた物など数々のモチーフがコレクション全体に使用されてます。


多くのルックには、バニーの“Thinking Cap”を使用し、その中でもThe Icon?という名のルックがコレクションのハイライトを飾ります。‘High Fashion’ と刺繍されたキャップ、「Snitchin」という文字がクリスタルで刺繍されたブラックジャージーに包まれたビスチェ、アシンメトリーなクリノリンは、ヒールサンダルを覆うドラマチックなフレームを作ります。


もうひとつの代表的なルックThe Falling Leaves?は、オーガンザのテクニカルジャケットに、ステッチのないオーガンザのプリーツスカートを合わせています。サーモテープとレーザーカットされたタイダイ柄の葉っぱで覆われたシルエットには、薬とスニーカーを詰め込んだバックパックが付属し、スポーツウエアの定番をオートクチュールに昇華させると同時に、オートクチュールをリアルライフに解釈しているのです。

ヴァージルはキャリア全体を通して「リアルライフ」のためにデザインし、「リアル」を表現するという考え方を貫いていました。ミルフィーユのスカートにアルカンターラのコート、ベースボールキャップ、スニーカー、サングラスを組み合わせたThe Verg?と呼ばれるルックは、すべてのアイテムのデザインプロセスにヴァージルの美学が貫かれています。Off-White?のスタジオで行われた初期段階のショーのフィッティングの際、ヴァージルはモデルに自分のコートを着せ、「ほら、これで僕みたいになる」とコメントしていました。

期待やステレオタイプ、投影、時代遅れの理想に囚われず、常に「本当の現実」とは何かを立体的に掘り下げていたヴァージルの自画像を、オートクチュールというレンズを通して表現した究極のクリエーションです。


ランウェイショーのティーザーとして“Question Everything”と書かれたポスターが、2月23日よりパリ中の旗とギャラリー・ラファイエットのビルボードに掲載され、ショーは、ヴァージルのお気に入りのブティックを含むパリの70以上の店先からショーがストリーミング配信されました。ショーに先駆けOff-White?のTikTok アカウントが開設され、著名なラッパー、シンガー、TikTokクリエイターのUnknown TとDevon Carlsonの協力のもと、TikTok初のインタラクティブなライブショーを行いました。3月2日から3月8日まで、カスティリオーネ通りにあるパリ旗艦店のウィンドウで、厳選された”High Fashion”のルックが展示される予定です。店舗の3階ではパリに拠点を置くコミュニティラジオ局Rinse FM Franceのキュレーションによるライブパフォーマンスが行われ、Off-White? Imaginary FMプラットフォーム上でストリーミング配信されます。同時に店内にて、Off-White?とスウェーデンの家電ブランドteenage engineeringとのスペシャルコラボレーション(3月10日に世界発売)を先行で展示します。

更にパリ・ファッションウィーク期間中2週間、ヴァージルのお気に入りスポットの一つ出会った、伝説のレストラン、キャビア・カスパをジャックし、レストランの玄関から、装飾、食器など、すべてをOff-White?のレンズを通して再構築する、「イマジナリー」体験を提供します。この特別なパートナーシップを記念して、ホームウエアとRTWのカプセルコレクションOff-White? ? Caviar Kaspiaが、3月8日よりoff-white.comで発売されます。


■Off-White c/o Virgil Abloh? Spaceship Earth, an "Imaginary Experience"


https://youtu.be/j8cgg3k4rGw


OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH?について
OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH? 2013年設立。Off-White?とはブラックとホワイトの間のグレーエリア を定義しているというコンセプトの元、メンズ・レディースコレクションに加え、オブジェクト、ファー ニチャー、印刷物を手掛け、“現在”のカルチャーやビジョンを発信している。チーフ・クリエイティブ・ ディレクター兼ファウンダーのヴァージル・アブローはプロポーションやユニークな素材使い、グラ フィックデザインなどで遊びを効かせたデザインを通してアイデンティティを持った洋服に、クリエイ ティブな手法でストーリーを埋め込んだコレクションを作る。ミラノのデザインスタジオを拠点とし、グ ローバルな視点のデザインやトレンドをイタリアが誇る伝統的なクラフトマンシップや技術で再現してい る。ヴァージル・アブローは巧みにリアリティを切り取り、ストリートスタイルを熟知しながらもハイ ファッションのアーティステックな表現に敬意を表しながらファッションと向き合っている。彼はまた ユースカルチャーを模索し、その要素も表現に取り入れている。


関連記事(外部サイト)