ヒグチユウコが初の大規模個展。世田谷文学館に広がるサーカスの世界

ヒグチユウコが初の大規模個展。世田谷文学館に広がるサーカスの世界

ヒグチユウコが初の大規模個展。世田谷文学館に広がるサーカスの世界の画像

空想と現実を行き交う自由な発想とタッチで描いた作品。猫や少女、きのこ、不思議な生き物たちが繰り広げるまるでサーカスに迷い込んだような世界が繰り広げられる。画家・絵本作家ヒグチユウコの約20年にわたる活動を網羅する展覧会「ヒグチユウコ展 CIRCUS」が、世田谷文学館で開催される。

《Circus》 2018 年 ?Yuko Higuchi
画家としての作品制作のみならず絵本の刊行など幅広い活躍をみせる画家ヒグチユウコ。そんなヒグチの自身初となる大規模な個展となる本展では、絵本原画をはじめ、企業とのコラボレーション作品、書籍の装画、自身のブランドグッズのイラストなど、500点を超える作品が公開される。展覧会のテーマは“サーカス”。会場には、実際にサーカステントが出現し、ヒグチユウコのお馴染みキャラクターである「ねこのピエロ」などが映像や、ぬいぐるみ作家・今井昌代による立体造形を交えて空間はサーカスの会場に。

《ギュスターヴ若冲雄鶏図》 2016 年 ?Yuko Higuchi

さらに本展に合わせてヒグチユウコのとって6年ぶりの画集『CIRCUS』(3,200円)も発売される。224ページからなる本書には、歌人・穂村弘によるヒグチの作品についての書き下ろし原稿なども掲載。展示会場では、カバーデザインの異なる限定版も登場し、夢野久作原作の短編をヒグチが新たに描き下ろしたビジュアルストーリー「きのこ会議」 も収録されている。

そのほか会場では、ヒグチユウコが愛用するホルベインのペンセットをはじめ、ポストカード、ピアスやブローチなどのアクセサリー、マグカップやグラスなどの食器、カプセルトイなどグッズも豊富に展開される。

関連イベントとして、2月第1、第3土曜日には閉館後の展示室でライブとダンスパフォーマンス「ナイトミュージアム」が行われたり、3月にはコンサートと展覧会を両方楽しめる特別な一夜「黒色すみれとヒグチユウコのサーカス・ナイト」、オリジナルバルーン作りが体験できる「バルーンアート・ワークショップ」などが開催予定。


【開催情報】
ヒグチユウコ展 CIRCUS
会期:2019年1月19日〜3月31日
会場:世田谷文学館 2階展示室
住所:東京都世田谷区南烏山1-10-10
時間:10:00〜18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
料金:一般 800円 / 65歳以上・大学・高校生 600円 / 中学生以下無料
問い合わせ:https://www.setabun.or.jp

ナイトミュージアム
日時:2月2日、16日 18:00〜19:30
会場:2階展示室
出演:黒色すみれ(歌手)、史椛穂(ダンサー)
参加費:2000円
定員:各日80名、完全前売制

バルーンアート・ワークショップ
日時:3月3日 13:00〜16:00
会場:1階文学サロン
出演:コンフェッティバルーン Hara harari
対象:中学生以下
参加費:無料
定員:30分毎に各回当日先着10〜20名

黒色すみれとヒグチユウコのサーカス・ナイト
日時:3月16日 18:00〜19:30
会場:1階文学サロン、2階展示室
出演:黒色すみれ、佐藤梟
参加費:2000円
定員:200名、完全前売制