ISETAN 3D ART PROJECT第9弾はアーティスト「ancco」とコラボ! 作家として初のソフトビニールフィギュアが登場

ISETAN 3D ART PROJECT第9弾はアーティスト「ancco」とコラボ! 作家として初のソフトビニールフィギュアが登場

記事画像


伊勢丹新宿店は、5月4日〜5月10日の期間、ISETAN 3D ART PROJECT第9弾アーティストanccoによる展示「Devimo」を開催いたします。2021年3月に始動した「ISETAN 3D ART PROJECT」は、作品の購入経験がない方のアート購入への第一歩となる"ファーストアート"のご提案として、アーティストとのコラボレーションによるアートフィギュアを展開しています。今回は、注目のアーティストanccoとコラボレーション。作家として初のソフトビニールフィギュアに加え、本イベントの為に制作された原画、リソグラフ作品や陶器作品も合わせてご紹介いたします。


「ISETAN 3D ART PROJECT」初の蓄光フィギュアも

独自の世界観とポップなモチーフを、ペイント・ドローイングなどの平面作品から陶器の立体作品まで幅広いメディアで表現するancco氏。日本のみならず、海外のファッションや音楽シーンでも人気を博し、様々なブランドやクリエーターとコラボレーションを行っています。本展でもドローイングやリソグラフ作品、陶器作品など様々な手法で製作されたancco氏の作品群とその世界観を体感頂ける内容となっています。


ソフトビニールフィギュア「”Devimo” PINK POTION」(幅13.5cm、奥行き10.5cm、高さ18.5cm)※専用BOX付き 2万2,000円



ソフトビニールフィギュア「”Devimo” AQUA ETHER ED.50」(幅13.5cm、奥行き10.5cm、高さ18.5cm) ※専用BOX付き 3万800円

通常版のピンクに加えて、50点限りの蓄光仕様のブルーが登場。帽子の着脱も可能なギミックに富んだフィギュアです。


※こちらの商品は、5月4日(水・祝)午前10時頃より三越伊勢丹オンラインストアにて販売を開始いたします。
https://www.mistore.jp/shopping/brand/list?brand=026088&showtop=true


フィギュアの元となった原画スケッチも展示予定。その他、”Devimo”に纏わるドローイング作品をご紹介いたします。


「Devimo Tea Pot / ceramic」(幅16cm、奥行き13.5cm、高さ23cm)



「Devil Tea Pot / ceramic」(幅27cm、奥行き21cm、高さ31.5cm)

※ソフトビニールフィギュア以外の作品は店頭販売のみとなります。
※会期終了後のお渡しとなりますのでご了承ください。
※詳細は店頭スタッフまでお問い合わせください。

その他展示作品に関する情報はISETAN 3D ART PROJECT公式インスタグラムをご覧ください。
https://www.instagram.com/isetan_3d_artproject/


プロフィール


ancco
Painter, illustrator
2011年よりペインティングやスカルプチャーなどの作品を発表する傍ら、アーティストやブランドへのグラフィック提供など国内外問わずクリエーションを行っている。これまでにheaven by Marc Jacobs, Clairo, RIMOWA, GAP, officekiko ,UNDERCOVER, 上海を拠点に活動しているパブリッシャー Samepaper, シューズブランドのGrape, カナダ拠点のEditorial magazineなど国内外のアーティスト、ブランド、パブリッシャーにグラフィックを提供しており、近年は陶芸やスカルプチャー製作に精を出し活動は多岐にわたる。


「ISETAN 3D ART PROJECT“Devimo”」
会期:2022年2022年5月4日(水・祝)〜5月10日(火)
会場:伊勢丹新宿店 本館2階 イーストパーク/アイテムプロモーション
ISETAN 3D ART PROJECT公式インスタグラム:
https://www.instagram.com/isetan_3d_artproject/


※価格はすべて税込です。
※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)