ブシュロン 名古屋栄三越店が増床し、リニューアルオープン。ファサードには日本のブティックでは初となるLEDスクリーンを設置

ブシュロン 名古屋栄三越店が増床し、リニューアルオープン。ファサードには日本のブティックでは初となるLEDスクリーンを設置

記事画像

ブシュロンは、2022年4月28日に「ブシュロン 名古屋栄三越店」をリニューアルオープンしました。今回のリニューアルで、名古屋栄三越の6階から1階へフロアを移し、新たなデザインコンセプトの店舗として生まれ変わります。85平方メートル に増床した新しいブティックのファサードには、日本のブティックでは初となるLEDスクリーンを設置。風にそよぐアイビーと、メゾンのアイコンである黒猫が戯れるアニメーションは、パリ創業のメゾンのエピソードを物語ります。


フランスを代表するスタイリッシュなハイジュエリーメゾンである、ブシュロン。ブシュロンにとって、ブティックは単にジュエリーを購入するためだけの場所ではありません。メゾンの世界観を伝えながら、お客様がご自宅にいるような感覚で過ごすことができるようにデザインされています。今回のリニューアルでは、パリ・ヴァンドーム本店の歴史的なオテル・パティキュリエール(個人の邸宅)をイメージしたパリスタイルのデザインが採用されました。店内にはヴァンドーム広場の建築様式に採用されているマーブルの大理石、ブラックメタルのフレーム、フランスのクラシックスタイルであるシンメトリなど、パリらしいコードを用いて、ブランドを体現する空間に仕上げられています。


また、ブティックにはメゾンの歴史と文化、そして創造的で革新的なブシュロンのエスプリを堪能できるVIPサロンを設置。ブシュロンが創業当時よりクリエイションのテーマとしてきたナチュール(自然)をコンセプトとしたサロンには、自然をモチーフとしたカラフルなファブリックやウォールペーパーを採用し、フラワーモチーフのジュエリー作品の写真がディスプレイされます。


生まれ変わったブシュロン 名古屋栄三越店には、ブシュロンのアイコンコレクションである「キャトル」や「セルパンボエム」、自然や動物を繊細にジュエリーで表現した「アニマル」や「ナチュール」コレクションなど、メゾンのサヴォワール フェールを体現する幅広いジュエリーがそろいます。

ブシュロンの世界観を体現するモダンで温かみのある空間では、ブシュロンに継承されるオーダーメイドの伝統に基づき、お客様がご希望される特別な作品を制作するスペシャルオーダーサービスもご用意しています。



ブシュロン 名古屋栄三越店
グランドオープン日: 2022年4月28日(木)
所在地: 〒460-8669 愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋栄三越 1F
TEL: ブシュロン クライアントサービス 0120-230-441
営業時間: 10:00~20:00 ※不定休(百貨店の営業時間に準ずる)
店舗面積: 85平方メートル



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?