ヨウジヤマモトが伊勢丹メンズ館 ザ・ステージで「定番の再定義」をテーマにしたポップアップを開催

ヨウジヤマモトが伊勢丹メンズ館 ザ・ステージで「定番の再定義」をテーマにしたポップアップを開催

記事画像


ヨウジヤマモトの「REDEFINING (定番の再定義) 」をテーマに、伊勢丹メンズ館 ザ・ステージにて5月18日から5月31日までPOP-UP STOREを開催いたします。(続く6月8日〜6月14日、京都伊勢丹3階 ザ・ステージ#3にてPOP-UP STOREを開催)

究極の着やすさを追求した「パターン」やシルク・ギャバ等の「素材」、そして染め・シワ等の「加工」といったヨウジヤマモト プールオムの普遍的な要素を再認識し、新たな要素「アート」を融合。異なる個性のぶつかり合いから偶発的に生まれるクリエーションのスタイルを中心としたアイテムの数々を提案いたします。


<アーティストとのコラボレーション>
「Yohji Yamamoto POUR HOMME 2018春夏コレクション」よりスタートしたアーティスト「内田すずめ」とのコラボレーションによる新作アイテムを展開いたします。「本当に大事なものは目に見えない」をテーマに、目に見えないからこそ、記憶の中から何度も取り出して想像したり、眺めたり、そうして瞼の裏に浮かび上がる像の「不完全さ」に魅せられ、複数枚の鉛筆スケッチをコラージュして制作された作品をプリントしたシャツやカットソーを展開いたします。



また、Yohji Yamamoto POUR HOMME 2022-23年秋冬パリコレクションにて、退廃的な世界観と荘厳な描写で知られるポーランドの芸術家、「Zdzis?aw Beksi?ski(ズジスワフ・ベクシンスキー)」とのコラボレーションを発表したのは記憶に新しいが、今回、死や絶望、廃墟、終焉などをモチーフとした彼の作品5点をプリントしたアロハシャツ5型を展開いたします。ベクシンスキーの「虚無的」な作風と、アロハシャツに象徴される「楽天的」な雰囲気という、2つの異なる要素を組み合わせる事により生まれる独創的なスタイルは、ヨウジヤマモト普遍のデザイン哲学を表しています。

12万1,000円(税込)


11万円(税込)


11万円(税込)


11万8,800円(税込)


11万8,800円(税込)


<タウンユースにも使える「定番」リラックスウエア>
POP-UP STOREでは、2枚入りシグネチャーロゴのポロシャツ「パックポロ」や、天竺フーディコットンとリヨセルの混合糸を使用した裏毛素材の「スウェットフーディ」、側章付の「スウェットパンツ」等、リラックスウエアの「定番」もラインアップ。ゆとりのあるユニセックスなデザインで、モードからストリートまで幅広いコーディネートに取り入れる事が可能です。

パックポロシャツ (同色2枚1セット):2万900円(税込)
Color: BLACK, WHITE



天竺フーディ 2万900円(税込)
Color: BLACK



側章スウェットパンツ 5万3,900円(税込)
Color: BLACK×WHITE TAPE/BLACK×BLACK TAPE


<ヨウジヤマモトの新ライフスタイルアイテム>
ライフスタイルアイテムのフレグランスラインとして新たに登場した「L’deur Yohji Yamamoto (オドゥール ヨウジヤマモト)」より、「オーデコロン」、「リネンスプレー」、「スパークリングシャンプー」、「ディフューザー」、「サボン」がラインアップ。1人ひとりの個性に寄り添う様な透明感のある軽やかな香りが特徴です。日常の様々なシーンとその空間を豊かに演出します。

そして、昨年12月に発売した今治のタオルブランド「IKEUCHI ORGANIC」との協業による、オーガニックコットン100%を使用した高品質な”Yohji Yamamoto TOWEL”の新シリーズも本POP-UP STOREにて展開いたします。サイズ、デザイン、カラー、パイルの長さなど細部にまでこだわったオリジナルタオルは、「70x220cm」のビッグサイズで、ストール、タオルケットなど自由な使い方が楽しめます。新作のデザインは、Yohji Yamamoto POUR HOMMEアーカイブコレクションより、「鳩」や「スカルローズ」のアイコニックなモチーフと「Yohji Yamamoto」シグネチャーロゴを高密度なジャカード手法により、表現しました。


YOHJI YAMAMOTO ”REDEFINING” POP-UP STORE
1.
開催期間: 2022年5月18日(水)~5月31日(火)
開催場所: 伊勢丹新宿店メンズ館1階 ザ・ステージ
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目14−1
TEL: 03-3351-3170
2.
開催期間: 2022年6月8日(水)~6月14日(火)
開催場所: 京都伊勢丹3階 ザ・ステージ#3
住所:〒600-8555 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町
TEL: 075 352 6268

※<Yohji Yamamoto “Hand Cleansing Spray” ノベルティ キャンペーン>
5月18日より上記POP-UP STORE、全国の「ヨウジヤマモト」(ウィメンズ・メンズ)店舗、及びオフィシャルECサイト「THE SHOP YOHJI YAMAMOTO」にて税込み22,000円以上お買い上げいただいたお客様先着にて「Hand Cleansing Spray」をプレゼントいたします。(数量限定の為、無くなり次第終了)



「HAAN*」のマットな「ブラック」と、新色の「ホワイト」ボディも加わった「Yohji Yamamoto」のシグネチャーロゴを配した「Hand Cleansing Spray」は、その高いデザイン性と携帯性に優れ、日常のあらゆるシーンでお使いいただけます。アルコール65%配合と、アロエベラの保湿効果、植物性由来の「シトラス」の爽やかな香りで、手指を清潔に保つことが出来ます。
*「HAAN」は2019年に誕生したスペイン発のハンド除菌スプレー。ボトルは100%リサイクル可能。環境保全への取り組みも行っている。


<内田すずめプロフィール>:
アーティスト。自身のドキュメンタリーを元に描かれた絵画には光と闇が共存しており、理想と現実の狭間に揺れる人間の生々しい世界を見せる。Yohji Yamamotoと合作した服がパリコレクションで発表され世界各国で発売、2017年から毎年コラボレーションを継続している。2020年、Adidas Y-3からアパレルが発売。ギャラリー、国内外アートフェアなど展示多数。

<Zdzis?aw Beksi?ski(ズジスワフ・ベクシンスキー)プロフィール> :
エルンスト・フックス、H.R.ギーガーと並び称されるポーランド出身のファンタスティック・リアリズムの画家、写真家、彫刻家。死、腐敗、損壊等、言い知れぬ寂寥感と恐怖に支配され永遠の廃墟と化した時空と、エロスの魂だけが虚ろに木霊している様な夢魔的な画風により、世界中のファンを魅了し圧倒的な支持を得たが、自らは幻想画家であることを否定し、ポーランドで隠者のように暮らし、ポーランドから出ることも生涯なかった。2005年2月21日逝去。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)