ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ

ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ

記事画像

ルイ・ヴィトンは、ルイ・ヴィトンとナイキによる「エア フォース 1」 by ヴァージル・アブローの発売を記念したイベントをニューヨークで開催します。

本アイテムは、2022春夏メンズ・コレクションの一部として初めて発表され、5月20日から31日まで(一般公開は5月21日から)、ニューヨークで開催されるエキシビション「ルイ・ヴィトンとナイキによる『エア フォース 1』 by ヴァージル・アブロー」(Louis Vuitton and Nike "Air Force 1" by Virgil Abloh)において、ヴァージル・アブローがデザインした「エアフォース 1」の全47モデルが一般公開されます。

?Louis Vuitton
本エキシビションは、ヴァージル・アブローの夢のような表現を土台にした空間体験です。2018年から2021年までルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターを務めたヴァージルは、一貫して、人工的な制限を超越した世界を想像するよう観客に挑み続けました。ファッションを変革のためのツールとして採用した同デザイナーは、人々が子供のような展望と再び繋がりを持ち、人間や物質的価値に関する先入観が排除された文化を構築することを望んでいました。ルイ・ヴィトンでは、「ハイ & ロー」の意味を問い続け、そのアティチュードは、ヴァージルが創り出すすべてのイメージやデザインに反映されてきました。ヒップホップによって形成されたストリートウエア コミュニティ出身のハイファッションデザイナーとして、ヴァージル・アブローは2つの領域の境界線を消し去り、自らのプラットフォームを利用して、黒人のサブカルチャーがメインストリームファッションに与えてきた歴史的影響への称賛を成し遂げたのです。彼の作品は何よりもまず、人間性と団結がテーマでした。

「ルイ・ヴィトンとナイキによる『エア フォース 1』 by ヴァージル・アブロー」(LouisVuitton and Nike “Air Force 1” by Virgil Abloh)では、ヴァージルの哲学を出発点として2021年夏に同デザイナーがデザインしたスニーカーを、ヴァージル独自のレンズを通して詳しく見ることができます。ブルックリンのグリーンポイント・ターミナル倉庫で開催される本エキシビションは、鮮やかなオレンジに包まれた会場に、ルイ・ヴィトンとナイキが融合したロゴが散りばめられた空間となっています。グリッド状の構造は、このスペースに建てられた架空の都市の設計図を上空から見た様子をイメージしたもの。来場者は会場にて、鏡張りの天井に映し出された巨大なロゴの上を歩き回ります。またヴァージル・アブローがルイ・ヴィトン在籍中に制作した3Dプリントの彫像が周りを取囲み、ヴァージルのショーのセットやキャンペーンのイメージに登場した雲が描かれた壁に縁取られた空間が広がります。

?Louis Vuitton
ヴァージルの活動の中心となっているシュールレアリスムのアイディアを取入れたルイ・ヴィトンとナイキの「エアフォース 1」の47モデルは、動かしながら見せるという展示形態が取られています。磁石の付いた壁やホログラフィックディスプレイ上で、スニーカーの歴史と切り離せないヒップホップ文化に根付いたブレイクダンスの動きをヒントとして、スニーカーが動きます。街の上に建てられたツリーハウスは、ヴァージル・アブローが親近感を抱いていた少年時代の心を表現しています。ヴァージルのオフィスだったパリのポンヌフ通りに面するルイ・ヴィトンのスタジオとアトリエの空間が細部まで再現されたツリーハウスの内部では、メゾンにおけるヴァージルの創造活動の中核を成したサヴォアフェール(匠の技)、そして、フィエッソ・ダルティコにあるメゾンのシューズアトリエでスニーカーを生み出す卓越した職人技をご体感いただけます。国や文化の架け橋となるべく、開催期間中、ニューヨーク市内各地に置かれる大型のガラスボックスには、本展のテーマに沿って、地球儀の形をしたスカルプチャ―が展示されます。このインスタレーションは、ドミノパーク、グランドセントラル、サウスストリートシーポート、アスタープレイス、コロンバスサークル、フラットアイアンプラザ、ガンセボートプラザで体験することができます。この地球儀は、ヴァージル・アブローが自身のコレクション、ショー、そしてイメージの中で繰り返し表現してきた統一的なモチーフを象徴しています。

?Louis Vuitton
なお、うち9モデルが2022年6月よりルイ・ヴィトンの公式サイトを通じて発売される予定。今回の一般発売向けに厳選された9モデルはミッドトップ(税抜38万7,000円)とロートップ(税抜31万円)で、ナイキサイズの3.5から18(日本サイズ:22.5cm ? 36cm)までの多彩なサイズで展開。9モデルの中には、ルイ・ヴィトンのモノグラム・モチーフをあしらったクラシカルなオールホワイトバージョンや、同一デザインをブラックのスエードで表現したスタイルも含まれます。また、ホワイトにグリーン、レッド、ブルーのいずれかのカラーでディテールを施したツートーンカラーバージョンは、ルイ・ヴィトンにおけるヴァージル・アブローのキー・モチーフとなっているレインボー・モチーフを彷彿させるデザインとなっており、同様に、メタリックゴールドカラーのスニーカーは、ヴァージル・アブローのルイ・ヴィトンのデビュー・コレクションへのオマージュ、また、マルチカラーのパッチワークスニーカーは、ヴァージルならではのユニークなグラフィック言語を称賛するデザインとなっています。さらに、アーティスト グスト・レオンによる「Louis Vuitton」のグラフィティ・モチーフがあしらわれた「ダミエ」エディションも登場。

?Louis Vuitton

発売モデルの詳細は、下記の通り。
1. モノグラムのエンボスを施したプレーンカーフレザーのホワイトミッドトップ
2. モノグラムのエンボスを施したプレーンカーフレザーのホワイトロートップ
3. モノグラムのエンボスを施したスエードカーフレザーのブラックロートップ
4. モノグラム・キャンバスをトロンプルイユ風にプリントしたレザーとモノグラムエンボスカーフレザーを使用したホワイト & ジムグリーンロートップ
5. モノグラム・キャンバスをトロンプルイユ風にプリントしたレザーとモノグラムエンボスカーフレザーを使用したホワイト & コメットレッドロートップ
6. モノグラム・キャンバスをトロンプルイユ風にプリントしたレザーとモノグラムエンボスカーフレザーを使用したホワイト & チームロイヤルブルーロートップ
7. モノグラムのエンボスを施したメタリックキャンバスのゴールドロートップ
8. モノグラムのエンボスを施したスエードカーフレザーとモノグラム・キャンバスのシルバー & マルチカラーパッチワークロートップ
9. ダミエ・パターンのレザーにアズールのグラフィティ・プリントを施したセイル &マルチカラーミッドトップ(5-18(日本サイズ:23.5cm ? 36cm)のサイズで展開)


【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ&ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイト www.louisvuitton.com をご覧ください。


【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

関連記事(外部サイト)