フランク ミュラーからブランド創業30周年を記念する「トノウ カーベックス 30th」が登場

フランク ミュラーからブランド創業30周年を記念する「トノウ カーベックス 30th」が登場

記事画像


スイス機械式腕時計ブランド フランク ミュラーは、2022年に創業30周年を迎えました。「複雑時計の巨匠」をはじめ、賛辞をこめた様々な異称で呼ばれる天才時計師フランク ミュラー。彼が初めて自らの名を冠した腕時計ブランドを立ち上げたのが、1992年のことです。老舗が居並ぶスイス高級腕時計の世界で圧倒的に若い後発者は、瞬く間にトップグループに名を連ねる存在になりました。現在も揺るぎのない地位と人気を誇り、ブランドと同じその名の時計師が現役で采配を振るうフランク ミュラーは、いまも進行するスイス時計界の伝説です。

アニバーサリーイヤーを記念するモデルは、シンプルな3針ウォッチです。「複雑時計の巨匠」フランク ミュラーは節目の年の記念モデルをコンプリケーションにせず、その代わりに貴重な象徴を与えました。この時計の文字盤表面に施されたギョウシエは “ダミエ”(damier)、市松模様を描く網目状の模様です。見慣れないこのギョウシエは、フランク ミュラーにとって特別な意味を持つものなのです。

インペリアル トゥールビヨン ダミエ ギョウシエ
インペリアル トゥールビヨン
フランク ミュラーは過去に1年のみ、限られた2つのモデルにこのダミエ模様を用いたことがあります。フランク ミュラーの歴史上でも特別なそのモデルは「インペリアル トゥールビヨン」と「トノウ カーベックス トゥールビヨン ミニッツリピーター」、いずれも1996年の作です。この2作でフランク ミュラーは、トゥールビヨンのケージを、前後3振りずつの剣型でかたどりました。これには動き続ける剣で悪魔を祓い、持ち主を災いから護るという意味が込められており、複雑機構に寓意と物語性を重ねるフランク ミュラーの哲学的な時計造りの真髄を描くものでした。なおかつ「トノウ カーベックス トゥールビヨン ミニッツリピーター」は、トノウ カーベックス トゥールビヨンにミニッツ リピーター作動インジケーターを組み込んだ、画期的なモデルでもありました。これらの記念碑的な時計にたった一度のみ、ダミエ柄が与えられたのです。

30周年記念モデル「トノウ カーベックス 30th」は、その貴重な歴史を掘り起こしました。トゥールビヨンではないその腕時計は、フランク ミュラーにとって重要な “トゥールビヨンとダミエ柄の故事”を読み返す、特別な腕時計です。過去4半世紀にわたって存在しなかった伝説の“ダミエ”が、もう一度蘇ります。

トノウ カーベックス 30th
5月20日発売予定




自動巻き
18Kイエローゴールド、45×32mm
クロコダイルストラップ
269万5,000円(税込)





自動巻き
ステンレススティール、45×32mm
クロコダイルストラップ
148万5,000円(税込)



自動巻き
ステンレススティール、45×32mm
ステンレススティールブレスレット
169万4,000円(税込)

※掲載の画像はすべてサンプル商品です。

お問い合わせ先:フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
https://franckmuller-japan.com/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)