マリメッコからリサイクルナイロンを使用した地球にやさしい新作スイムウエアが登場

マリメッコからリサイクルナイロンを使用した地球にやさしい新作スイムウエアが登場

記事画像

株式会社ルックが展開するフィンランドのデザインハウス マリメッコ(Marimekko)は、 5月27日、リサイクルナイロンを使用したスイムウエアを発売。サステナブルなスイムウエアはマリメッコ初。

マリメッコ初となるサステナブルなスイムウエアが登場。Aquafil社のECONYL(R)(リサイクルナイロン)を使用したスイムウエアコレクションは、すべてボタニカル柄を取り入れたデザイン。ワンピース2種類、トップス2種類、ボトムス2種類の計6アイテムを展開します。トップスとボトムスはミックスコーディネートが楽しめます。 https://www.marimekko.jp/news/detail?id=3065


Earth-loving swimwear

スイムウエアを着ているのは、ドミニカ共和国出身のElah。

「自分自身、海とは深いつながりがあると思っています。海が持つ自由なイメージやエネルギー、そして波音にいつも魅了されます。」
? Elah Garcia, @elahlorde

スイムウエアコレクションはマリメッコ表参道店と大阪店、およびマリメッコ日本公式オンラインストアにて、5月27日)限定発売。(オンラインストアはAM10時より販売開始)

ラーケリ(Laakeri/意味: ローリエ)は、マリメッコ 2022年春夏コレクションに向けてアンッティ・ケッキ(Antti Kekki)がデザインした新作プリント。

スイムウエア 2万5,300円(5月27日発売予定) Papajo バスタオル 8,800円(販売中)
トップスとボトムスはそれぞれ単品で販売。ミックスコーディネートを楽しめるのも魅力。モチーフに採用されたのは、同じくアンッティ・ケッキの新作 ヴィータ(Viita/意味: 雑木林)。

トップス 1万3,200円 ボトムス 9,350円(5月27日発売予定)
マリメッコを代表するウニッコ(Unikko/意味: ケシの花)柄は、シックなブラックで登場。シンプルなワンピース(2万5,300円)の展開も。

トップス 1万3,200円 ボトムス 9,350円(5月27日発売予定) Papajo バスタオル 8,800円(販売中)
サステナブルな素材を使用して地球にも優しいスイムウエアコレクションは数量限定、一部店舗のみで発売。

販売開始予定日: 5月27日(金)
*インポート商品のため入荷が遅れる場合がございます。
販売店舗:
マリメッコ日本公式オンラインストア、マリメッコ表参道店、大阪店

https://www.marimekko.jp/news/detail?id=3065


関連記事(外部サイト)