急逝したイラストレーター・安西水丸の個展、アトリエに残された作品を展示

急逝したイラストレーター・安西水丸の個展、アトリエに残された作品を展示

急逝したイラストレーター・安西水丸の個展、アトリエに残された作品を展示の画像

2014年に急逝したイラストレーター・安西水丸の、アトリエに残された作品を展示する個展「安西水丸 ON THE TABLE」が、東京・神楽坂のかもめブックス内のギャラリー、ondo kagurazakaにて1月12日から2月3日まで開催されている。


フリーのイラストレーターとして、広告、装幀、漫画、小説、エッセイなど多方面で活躍し、2014年3月に脳溢血のため急逝したイラストレーターの安西水丸。アトリエに残された作品を整理するなかで、個展のためだけに制作されたシルクスクリーンの作品が新たに見つかった。描かれた時期は1987年から1991年、安西が45歳から49歳の頃のものだ。

緊張感のある構図、引っ掻くような細い線、透明感のある色。同展では、その貴重なシルクスクリーン作品のうち10点を展示する。作品を収録した作品集『ON THE TABLE』も販売。2016年にスタートした出版レーベルBaciから刊行される同著は、第51回造本装幀コンクール日本書籍出版協会理事長賞芸術書部門を受賞している。また、一部の作品では、新たに刷り直したミクストメディアの版画も販売する。


紙面の上にすっとひかれた一本の線が、地と天をわけ、空間をつくる“水平線”。「ON THE TABLE」と題された同展や、作品集の中では、そんな水平線をたくさん見ることができる。水平線をへだてて散りばめられた物たちが、時には喜びを、時には哀しみを、少しだけ琴線が揺らぐような温度で私たちに感じさせてくれる。展示された作品と、たくさんの思いによって作られた作品集を通して、その小さな揺らぎを受け取ってみては。

【展覧会情報】
安西水丸 ON THE TABLE
会期:1月12日〜2月3日
会場:ondo kagurazaka
住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1F かもめブックス内
時間:11:00〜21:00(最終日は18:00まで)
定休日:水曜日(祝日は営業)

【書籍情報】
『ON THE TABLE』
安西水丸
出版社:Baci
価格:4,200円