六本木でスタートした新・北斎展。十数年ぶりの大規模展、その見どころは? 【レポート】

六本木でスタートした新・北斎展。十数年ぶりの大規模展、その見どころは? 【レポート】

六本木でスタートした新・北斎展。十数年ぶりの大規模展、その見どころは? 【レポート】の画像

「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が1月17日から3月24日まで、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている。十数年ぶりに東京で開催される、大規模で網羅的な北斎展となるもの。開幕に先立ち、16日に内覧会が行われ、内容が公開された。

20歳のデビュー作から90歳の絶筆まで、北斎の70年間におよぶ絵師人生を作風の変遷と代表的な画号によって、春朗期(20〜35歳頃)、宗理期(36〜44歳頃)、葛飾北斎期(46〜50歳頃)、戴斗期(51〜60歳頃)、為一期(61〜74歳頃)、画狂老人卍期(75〜90歳頃)の6章に分けて紹介する構成となっている今回の「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」。会場では、「弘法大師修法図」や「北斎漫画」など、約480件(会期中展示替えあり)の作品を展示。北斎の仕事を通覧することによって、北斎がスタイルや画法を変え、常にアップデートしてきたことを理解することができるようになっているという。




また、「向日葵図」(肉筆画)や「かな手本忠臣蔵」をはじめ、「円窓の美人図」、春朗期から宗理期に変わるときの過渡期の作品「鎌倉勝景図巻」など、国内外から集められた名品や初公開の作品も多数展示。さらに、118枚ある「津和野藩伝来摺物」を4期に分けてすべて展示するほか、初期の肉筆画「鍾馗図(しょうきず)」を前半のみ展示、特別出品として「隅田川両岸景色図巻」も期間限定で展示するなど、会期中に展示替えも行われるため、何回見ても楽しめるものになっている。



そのほか、映像コーナーもあり、北斎研究の第一人者である故・永田生慈氏のインタビューなどを見ることもできる。

同展のキュレーターで浮世絵研究家の根岸美佳は、「一般的には波の絵や赤い富士山(「冨嶽三十六景」シリーズ)で知られている北斎ですが、デビュー当時の作品から『冨嶽三十六景』に到達するまで、北斎がどれだけ努力してきたのかなども感じることができるようになっています。今までしらなった作品を見ることで新たな北斎像を感じていただければ」と語った。


【展覧会概要】
「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階
会期:2019年1月17日〜3月24日
休館日:1月29日、2月19日、2月20日、3月5日
開館時間:10:00〜20:00、火曜日のみ17:00まで(最終入館は閉館の30分前まで)
主催:日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション、森アーツセンター