チャーチがOff-White?とのコラボによるフットウエアカプセルコレクションの第二弾を発表

チャーチがOff-White?とのコラボによるフットウエアカプセルコレクションの第二弾を発表

記事画像

チャーチは、Off-White?とのコラボレーションによるフットウエアカプセルコレクションの第二弾を発表します。Off-White?ならではの反骨的なスタイルを映し出すこのジェンダーレスなカプセルコレクションは、ヴァージル・アブローの哲学「Question Everything(すべてを疑え)」の中核をなす先進的な精神を、英国のシューズブランドが誇る職人の伝統と受け継がれてきたスタイルで融合させたコレクションです。


2022 年 3 月に発表された第一弾に続き、Off-White?とのコラボレーションの第二弾では、チャーチのもうひとつのアイコンモデル「コンサル」に注目。Off-White?の定番である「Meteor(流星)」のディテールをデザインの中心に据え、シューズのボディ全体に円形の穴を配した夏の装いにふさわしいモダンなシルエットを提案します。ヴァージル・アブローが思い描いた「流星群(Meteor Shower)」というテーマを昇華させた本コレクョンは、Off-White?のシグネチャーでありスイスチーズの穴や流星群のクレーターを思わせるアイコニックな円形のカットアウトが、よりラグジュアリーな素材とボリューム感のあるシェイプによって表現され、さらなる進化を遂げています。


現在ラスト 173 を用いて作られている「コンサル」の歴史は、1945 年までさかのぼります。モデル名はこの靴を愛用した英国大使や政治家に由来し、発売後程なく、当時の英国上流階級の典型を表すシンボルとなりました。コラボレーションの第二弾「コンサル メテオ」は、このすばらしいオックスフォードスタイルの特徴をそのままに、丹念にブラッシングして磨き上げたブラックのカーフスキンを使用しています。アッパーには大きな穴がいくつも開いており、Off-White?のトレードマークであるハングタグとシューレースで仕上げられています。


Off-White?とチャーチのコラボレーションによるカプセルコレクションの第二弾は、一部のチャーチ国内店舗(表参道(メンズ、レディス)、伊勢丹新宿(レディスのみ))、および公式オンラインストアで 6月29日より発売開始予定。Off-White?国内店舗(青山、GINZA SIX)は、7月中に発売予定。


コンサル メテオ(ブラック)
22万円(税込み、予定価格)
※メンズ・レディスともに


チャーチについて
チャーチの歴史は、中世から上質な靴産業で栄えてきた町としてその名を知られるイギリスのノーサンプトンで、靴職人の名匠アンソニー・チャーチが靴づくりをしていた 1617 年に遡ります。彼の靴づくりの技術と誇りは世代から世代へ引き継がれ、1873 年に Church & Co.が誕生。チャーチは現在もなおイギリスのノーサンプトンに構える工場で靴を製造しているほか、世界各地に62 の直営店と小売店を、ロンドン、パリ、エジンバラ、ミラノ、ベルリン、香港、シンガポール、東京、ソウル、上海、北京で展開しています。クラフツマンシップとラグジュアリーを追求した、メンズとレディスのコレクションからなるチャーチの靴。を発表し続けます。英国の伝統的な靴作りの職人技に忠実なチャーチの精神、そしてその時代を超える美しさと確かな品質は、世界中で愛され続けています。


Off-White c/o Virgil AblohTM
(オフホワイト c/o ヴァージル アブロー)について
2013 年に設立した Off-WhiteTM(オフホワイト)は、ブラックとホワイトの間のグレーエリアを定義しているというコンセプトの元、メンズおよびウィメンズコレクション、オブジェクト、家具、印刷物を展開することにより現在のカルチャーやビジョンを発信。ストーリーを埋め込み、デザインを通してアイデンティティを持たせたアイテムづくりにフォーカスしたコレクションを展開。イタリアのミラノにデザインスタジオを構え、イタリアの歴史とクラフツマンシップを生かしながらも、グローバルな視点でデザインやトレンドを表現。クリエイティブディレクター兼デザイナーのヴァージル・アブローは、服の着用方法のリアリティとハイファッションのアーティスティックな表現をつなぎ合わせるという明確なビジョンを持ち、現代におけるユースカルチャーの概念を探求しています。

関連記事(外部サイト)