わくわくするようなアイテムの数々。イギリス発のインテリアショップ「ザ・コンランショップ」が神戸に初出店

わくわくするようなアイテムの数々。イギリス発のインテリアショップ「ザ・コンランショップ」が神戸に初出店

記事画像

株式会社コンランショップ・ジャパンは、2022年8月31日、改装を経て生まれ変わる神戸阪急の新館3階に新たなストアをオープンいたします。世界4カ国(イギリス・フランス・日本・韓国)に展開するザ・コンランショップの最新店舗となる神戸店は、309.2m2の空間に世界中からセレクトした家具や照明、インテリア小物、キッチン・バスアイテム、ギフト、さらにオリジナルの製品も取りそろえ、現代のライフスタイルにマッチするインスピレーショナルなスタイリングとともにご紹介いたします。


2021年3月にオープンした伊勢丹新宿店に続き、日本とイギリスのザ・コンランショップが率いるクリエイティブチームが共同で作り上げた、クリーンで明るい店内は、「デザインは無駄なくシンプルで機能的(Plain, Simple, Useful)であるべきだ」という創設者テレンス・コンランの哲学を受け継ぎ、ミニマルでコンテンポラリーな空間に仕上がっています。

スチールやコンクリートといったインダストリアルな素材を使用し、白を基調に、ブランドカラーであるコンランブルーをはじめとした鮮やかなカラーを散りばめたストアデザインは、商品の優れたデザイン性を引き立てるとともに、訪れたお客さまの目を楽しませてくれます。また床から天井まで、柱を覆うように設置されたスクリーンには、ザ・コンランショップのグラフィックチームが手がけるグラフィックコンテンツが流れます。

一際目を引くのは、店舗奥の壁面いっぱいに描かれた日本人アーティストAkari Uragamiの作品。豊かな色彩で大胆にペイントされた、有機的で力強いアートがフロアの奥という立地を魅力的で活気あふれる、クリエイティブなスペースへと変換します。大型のトロリー什器には、巨匠たちが手がけた不朽の名作から、才能ある新進デザイナーや若いアーティストたちの優れた製品まで、現代的で洗練されていて、思わずわくわくするような品々が並びます。

デザインと機能を兼ね備えた良質な家具や照明、柔らかく身体を包み込む肌触りの良いスロー、美しい刺繍が施されたクッションカバー、見た目にも楽しい食卓を演出してくれる食器やテーブルリネン、住まう人の個性を輝かせるアート、豊かなアロマが広がるフレグランスなど、店内を満たすアイテムの数々が、目の肥えた神戸のお客さまにも、まるで発見の旅をしているかのような、驚きと悦びに満ちた特別なショッピング体験を提供するとともに、デザインがもたらす心豊かな暮らしの魅力を伝えます。


ザ・コンランショップ 神戸店
〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号
神戸阪急 新館3階 Hankyu Mode Kobe
Phone 078-200-7378
Hour 10:00~20:0


オープン記念限定品
オリジナル品の開発や著名ブランドとのコラボレーションも行うザ・コンランショップ。今回新しくオープンする神戸店のオープン記念として、店内の壁面を彩るAkari Uragamiのアート作品を用いた限定品を発売いたします。

※写真はイメージです
Stool 60 Special Edition by Akari Uragami
世界中で愛されるアルヴァ・アアルトの名作「スツール60」にAkari Uragamiがペイントを施したスペシャルバージョン。スツールとして、サイドテーブルとしてお使いいただくもよし、アート作品として飾っていただくもよし。シンプルで普遍的なデザインと、Akariの生命力あふれるアートが見事に融合した、世界に1つだけの特別なデザインです。
Φ380×H440 mm 6万500円(税込)~ 限定20脚



Akari Uragami Furoshiki
Akari Uragamiのアート作品をプリントした、色鮮やかでモダンな印象の風呂敷。ワインや菓子折りを包んだり、バッグにしたり。アイディア次第で様々に使える風呂敷は、包み方によって違った表情を楽しめるのも魅力です。
5,500円(税込)限定200枚


※写真はイメージです
Akari Uragami Art
人間の肉体や多様性をテーマにしたAkari Uragamiによる手描きの原画。
280×357 mm 各8万8,000円(税込) 2種類各1点限定


About The Conran Shop
ザ・コンランショップは、世界中から厳選した家具や照明、インテリアアイテム、ギフトに加え、オリジナルのアイテムも多くそろえるホームファニシングショップです。テレンス・コンランによりイギリス ロンドンに1号店がオープンしたのは1973年。優れたデザインと質のよさにこだわってセレクトされた幅広いランナップのアイテムと、時代や国、スタイルを越え、様々なテイストを調和させることで生まれる独創的なスタイリング。それらを通して、日々の生活をより豊かに楽しむことを提案しています。

ザ・コンランショップが大切にしてきたのは、PLAIN, SIMPLE, USEFUL(無駄なく、シンプル、実用的)という3つのキーワードです。無駄なくとは、ありのままの素材や、過度な装飾のないすっきりとしたフォルムを表しています。シンプルは、使い勝手がよく、肌触りのよいものに触れたときのような自然な喜びを感じさせるということ。 実用的とは、真の意味で機能的ということ。それは例えばちょうどよい高さの椅子や、身体を最適に支えてくれるソファなどです。

機能を念頭に置き、素材の特性を活かしてデザインされたプロダクトのシンプルな美しさと使い勝手の良さは、時を経ても色褪せないスタイリッシュで快適な空間を生み出してくれます。そしてその空間では、季節やトレンドにあわせた色が音を奏で、模様が活力を与え、そこに住まう人の個性が光る、パーソナルな空間を形作るのです。

公式オンラインショップ:http://www.conranshop.jp


Terence Conran
世界で最も著名なデザイナーの一人であり、レストランやホテルの経営も手がけるなど、幅広い分野で活躍。コンラン財団が中核となり、デザイン奨励と社会貢献を目的として、デザインミュージアムを開館。インテリアデザイン関係の執筆も精力的に行なっており、全世界でこれまでに50冊以上を出版。デザイン分野への献身と功績によって、1983年に騎士(Knight)の称号を得る。

“1973年、チェルシーのフルハムロードにザ・コンランショップの1号店をオープンしました。私は常々、ザ・コンランショップは最良かつ最も魅力的な商品で埋め尽くされた店であるべきだと考えていました。モダンでエキサイティング、そして洗練されたザ・コンランショップは、私にとって夢のような店です。これまで私は、4つの異なるデザイン会社を経営し、あらゆる分野でデザインに携わる仕事をしてきました。家具やホームアクセサリー、テキスタイルを制作したり、家具や洋服、子ども用品を販売したり、世界中でレストランや、カフェ、バー、ホテルをデザイン・経営したり。また、超高層ビルや大規模な再開発プロジェクト、空港や美術館、デパート、飛行機、車のデザインにも関わりました。65年以上にも及ぶ、長く彩に満ち溢れたデザイン人生を楽しむことができた私はとても幸運です。” ― Terence Conran


関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?