フレッドペリー×ラフ・シモンズのコラボアイテムが登場。Raf Simonsの独自の感性でフレッドペリーのクラシックなアイテムを再解釈

フレッドペリー×ラフ・シモンズのコラボアイテムが登場。Raf Simonsの独自の感性でフレッドペリーのクラシックなアイテムを再解釈

記事画像

イギリスのファッションブランド、Fred Perry(フレッドペリー)が、イングランド北部のカルチャーをリスペクトするベルギー人デザイナーRaf Simons(ラフ・シモンズ)とのコラボレーションアイテムを発表しました。


Raf Simonsは、自身の名を冠したオリジナルコレクションにも、イングランド北部のカルチャーを想起させるディテールを毎回取り入れています。Peter Saville(ピーター・サヴィル)のアートワークからNew Order(ニュー・オーダー)やJoy Division(ジョイ・ディヴィジョン)の音楽とスタイルまで、Raf Simonsのアイデンティティやコミュニティは常にこのカルチャーを中心に存在しています。


ファッションや音楽、様々なカルチャーがマッシュアップしたイングランド北部のソウルシーンにフォーカスした今シーズンは、Raf Simonsの独自の感性でフレッドペリーのクラシックなアイテムを再解釈し、ブラックを中心としたカラーパレット、ソウルのレコードレーベルをイメージしてこのコレクションのためにデザインしたパッチ、背面に大きく載せた架空のアーティストや曲名の刺繍で表現しました。


ポロシャツ、Tシャツ、オーバーサイズのスウェットに加え、起毛コットンツイル素材のデニムジャケットやセットアップのパンツ、コットンギャバジンで仕立てたハリントンジャケット、左胸にグラフィックのパッチを載せた1枚仕立てのブレザー、背中や袖に大胆なプリントとグラフィックパッチを飾った、Raf Simonsのコレクターズアイテムを代表するフィッシュテールパーカなど、身に纏うことでユースカルチャーの一員であることを体感できる、エクスクルーシヴなコレクションが登場します。


LINE UP
T-Shirt・Polo Shirt・Shirt・Sweatshirt・Sweat Hoody・Sweater・Denim Jacket・Track Jacket・Blazer・Harrington Jacket・Fishtail Parka・Trousers・Socks








Fred Perry × Raf Simons Autumn 2022のコラボレーションアイテムは、2022年8月12日よりフレッドペリーのオフィシャルサイト(https://www.fredperry.jp/)、フレッドペリーショップ東京と大阪・渋谷パルコ・エスパル仙台・京都藤井大丸にて販売いたします。
*取り扱い店舗や各店舗の営業時間はオフィシャルサイトをご確認ください。


FRED PERRY(フレッドペリー)
1952年にウィンブルドンのトリプルチャンピオン、フレデリックジョン・ペリーによって設立され、それ以来、英国のサブカルチャーと共に歩んできました。オリジナルのフレッドペリーシャツは、60年以上前にデザインされて以来、当時のまま変わることなく誇りを持って製造しています。フレッドペリーシャツは、スポーツウエアからストリートウエアをクロスオーバーしたサブカルチャーのユニフォームです。フレッドをインスパイアしたものは、他のテニスプレーヤーにも影響を与えました。それはやがて権力に反抗し型にはまらないユースたち、ミュージシャンやフィルムメーカーなどのクリエーター、そして一周回ってまたスポーツ界のスターたちまで、様々なコミュニティをインスパイアしました。1950年代から続く英国サブカルチャーのユニフォームは、各世代が自分たちのモノとして着続けています。でも常にその中心にあるのは、胸元のローレルリース。別の部屋にいても、混雑したダンスフロアでも、広いフットボールスタジアムでも一目で分かるアイコニックなシャツです。Raf Simons(ラフ・シモンズ)のような世界的デザイナーや、サブカルチャーをルーツに物作りを行う英国デザイナーとのコラボレーションなど、ユニークなスポーツのバックグラウンドと英国のサブカルチャーと深い繋がりを持ったイギリスを代表するファッションブランドとして、グローバルにビジネスを展開しています。

https://www.fredperry.jp/
Instagram: @fredperryjp
Twitter:@FRED_PERRY_JP
Facebook:@FredPerryJapan


お問い合わせ先
フレッドペリーショップ東京
東京都渋谷区神宮前 5-9-6
03-5778-4930


関連記事(外部サイト)