ラグ&ボーンが熟練した職人技と本物志向で作られたタイムレスなコレクション「Icons Collection」を発表

ラグ&ボーンが熟練した職人技と本物志向で作られたタイムレスなコレクション「Icons Collection」を発表

記事画像

ラグ&ボーン(rag & bone)は、時代を超えて愛されるアイコニックピースを再構築したIcons (アイコンズ) Collectionを発表します。熟練した職人技と本物志向で作られたタイムレスなコレクションは、完成度の高いクラシックアイテムによって構成され、究極のワードローブを提案します。rag & boneの真髄ともいえるアイコンスタイルをキュレーションして新たな要素を加えた本コレクションは、ウィメンズとメンズのレディトゥウエア、デニム、アクセサリーで展開します。


ウィメンズウエアの主役となるのは、ヘリテージブレザーとコート。レイヤリングに最適なSadie Blazer (セィディ ブレザー)、Andie Twill (アンディ ツイル)、Charles Leather (チャールズレザー)は、新たな素材で生まれ変わり、着心地にこだわったシグネチャーアイテムとなります。Wooster Coat (ウースター コート)とAlfie Peacoat (アルフィー ピーコート)は、テーラードスタイルのアウターウエアで、ドレスアップにもカジュアルスタイルにも着こなせます。rag & boneの定番であるデニムは、Alex (アレックス)とNina (二ナ)で登場。ハイライズスタイルは、スローバックシェイプと新しいウォッシュ加工が施されています。シューズは、Hazel (ヘーゼル)とRover (ローバー)、またShiloh (シャイロ) ブーツが登場。レースアップながらも着脱のしやすさにこだわった実用的なデザインに仕上げています。


メンズウエアは、定番スタイルのCafé Racer Jacket (カフェ レーサー ジャケット)、ManstonBomber (マンストン ボンバー)、Flight Shirt Jacket (フライト シャツジャケット)、Padded DaneJacket(パデット デーン ジャケット)で展開します。いずれも日本製のナイロン、レザー、ソフトコットンなどの上質な素材を使用。Prospect Cardigan (プロスペクト カーディガン)やDamonHoodie (デイモン フーディ)は、日本製ウールやスラブコットンのような落ち着いた風合いが特徴的です。デニムは、実用性と機能性を兼ね備えた快適で履きやすいCliffe Field Pant (クリフ フィールド パンツ)とFit 2 Authentic Stretch (フィット 2 オーセンティック ストレッチ)をはじめ、クラシックなアメリカンストレートレッグを採用した、インディゴセルビッチデニムのFit 4 (フィット 4)をそろえています。


本コレクションは、8月31日よりrag & bone直営店、国内公式オンラインストアにて発売されます。(店舗によって取り扱いアイテムが異なります。)また、モデルのMaya StepperとMikkel Gregers Jensenを起用したグローバルキャンペーンが、rag & boneのデジタルチャンネルとストアで公開されるほか、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンで一連のポスターシリーズの広告が登場、初ローンチをさらに盛り上げます。IconsCollectionは、今後もシーズンごとにアップデートして継続する予定です。



「Icons collection」取り扱い店舗
rag & bone 表参道店
東京都 渋谷区神宮前5-12-3
03-6805-1630

rag & bone GINZA SIX店
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 3階
03-3572-1125

rag & bone 新宿伊勢丹店
東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館2階 グローバルクローゼット
03-3356-2555

国内公式オンラインストア:https://rag-bone.co.jp/


ラグ&ボーン(rag & bone)について
ラグ&ボーンは2002年ニューヨークで設立され、ビジネスとしても成功し、ファッション業界において世界的に高い評価を得ています。イギリスのヘリテージと時代に合ったデザインを融合し、エッジーでニューヨークのセンスが感じられる、リアルクローズを提案するブランドへと成長しました。メンズ、ウィメンズともにレディトゥウエア、デニム、アクセサリー、フットウエアを展開しており、公式オンラインストア(https://rag-bone.co.jp/)よりアクセスが可能です。


関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?