新宿伊勢丹で「ISETAN ARTS & CRAFTS」開催。複数のキュレーターが次世代に残したい衣食住にまつわるアイテムを集積

新宿伊勢丹で「ISETAN ARTS & CRAFTS」開催。複数のキュレーターが次世代に残したい衣食住にまつわるアイテムを集積

記事画像

伊勢丹新宿店は、2022年9月27日~10月2日まで、本館6階 催物場で「ISETAN ARTS & CRAFTS」を開催いたします。さまざまな時代、さまざまな地域の作り手たちに敬意を込めて、日本の美意識が詰まった工芸品や骨董・古美術から現代作家の作品、暮らしの道具にいたるまで、約100ブランドのアイテムを展示・販売いたします。 


伊勢丹新宿店では初となるイベント「ISETAN ARTS & CRAFTS」。9月27日より本館6階 催物場で開催する本イベントでは、さまざまな時代、さまざまな地域の作り手たちに敬意を込めて、世界中から集められた衣食住にまつわるアイテムを展示・販売いたします。人の手によって生み出されたもの、時代を超えて受け継がれてきたもの。そんな品々を通して、わたしたちの生活と美を考えるきっかけになれば、との思いを込め、複数のキュレーターが次世代に残したいお薦めアイテム約2,000点をご紹介いたします。



行方ひさこ/PRIME GARDEN 「時」


ブランディングディレクター 行方ひさこさんが日本各地を旅して出逢った、日本の美意識が詰まった名品。そして、海外の女性アーティストを中心に、伊勢丹新宿店 本館4階 プライムガーデンがセレクトした、シンプルながら力強く美しい作品をご紹介します。

【Profile|行方ひさこ】
アパレル会社経営、デザイナーなどの経験を活かし、食や工芸、地域創生などローカルに通じる幅広い分野で活動中。昨年からスタートしたイベント「時」では、注目の現代作家から、時を超えて受け継がれる品まで幅広くキュレーションし、さまざまな年代から支持されている。


■参加ブランドの一例


<タカハシ・マクギル>
イギリス南西部デヴォン州コッキントンを拠点とする、ウィンブルドン美術学校でファインアートを学んだマーク・マギルブレイと高橋かおり夫妻のデュオ。地元で調達した広葉樹を素材に、日本と西洋の技術・伝統・道具を組み合わせて作られており、自然の美しさと日用品としての機能性を兼ね備えています。



<ローラ・パスキーノ>
日本とポルトガルで陶芸を学んだのち、オランダのアムステルダムにスタジオを展開。彼女の作品は、控えめに表現された不完全さと自然の美しさを称える、ミニマルで調和のとれたフォルムが特徴です。土の質感と有機的なニュアンスを通して自分自身を表現し、伝統的な技法とシンプルなエレガンスのバランスを目指しています。


■他参加ブランド
<鈴木盛久工房><山田隆太郎><岩崎龍二><安藤萌><ジョージナカシマ><鈴木環><やのさちこ><小林裕之・希><落合芝地><セペダセラミクス><デュクシアーナ><ルカスカンジナヴィア>など



工芸青花「工芸とロマネスク」


骨董、工芸、建築などを扱う『工芸青花』を定期刊行し、骨董祭などのイベントも手がける菅野康晴さんがキュレーション。「ロマネスク」をテーマに、地域も時代もことなる工芸などに見出すことができる“ロマネスク的造形感覚”を紐解きます。美術史家の金沢百枝さん、画家のnakabanさん、ゲストとして骨董商の毛涯達哉さん(神ひとケモノ)が参加いたします。

【Profile|工芸青花・編集長 菅野康晴】
1968年栃木県生まれ。1993年新潮社入社。『芸術新潮』及び「とんぼの本」シリーズの編集部に在籍後、2014年「青花の会」を始める。担当した本に、川瀬敏郎『一日一花』、坂田和實『ひとりよがりのものさし』、中村好文『意中の建築』、三谷龍二他『「生活工芸」の時代』など。



Roundabout&OUTBOUND「生活の装備」


良質な日用品や衣服をそろえるRoundabout、余白の品を設えるOUTBOUNDを運営する小林和人さんによる編集。機械生産の反復生産品から個人作家による手仕事の一点物まで、生活に重心を添える、装いの品、備えの品を広くそろえます。

【Profile|小林和人】
1999年、吉祥寺の古いキャバレー跡のビルで国内外の生活用品を扱うRoundaboutを友人数名とスタート(現在は代々木上原に移転)。2008年、物がもたらす作用に着目した品そろえを展開するOUTBOUNDを開始。



新宿0丁目商店街/UTSUWA to ISU


新宿0丁目商店街的セレクトで今回はUTSUWA(器)とISU(椅子)のテーマのもと、時間の経過や歴史の中で丁寧に残されてきたモノや、 モノづくりへのこだわりあふれる店主の皆さまと共に商店街を開きます。

新宿0丁目商店街とは・・・
伊勢丹新宿店 本館4階で10年前から、こっそり開いていた商店街。最近は場所をみつけて、テーマごとの商店街を時々開催しています。


開催概要
「ISETAN ARTS & CRAFTS」
会期:2022年9月27日(火)~10月2日(日) [最終日午後6時終了]
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 催物場
展開ブランド:約100ブランド
https://www.mistore.jp/shopping/event/shinjuku_e/art_craft_10


伊勢丹新宿店
営業時間:午前10時~午後8時
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
電話:03-3352-1111 大代表


※本イベントの内容は、 都合により変更または中止となる場合がございます。 予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、お客さまのご入場を制限させていただく場合がございます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?