ルイ・ヴィトンのストア・ウィンドウが異次元への入り口!? エス・デブリンが手がけたインスタレーション

ルイ・ヴィトンのストア・ウィンドウが異次元への入り口!? エス・デブリンが手がけたインスタレーション

ルイ・ヴィトンのストア・ウィンドウが異次元への入り口!? エス・デブリンが手がけたインスタレーションの画像

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)2019年春夏ウィメンズ・コレクションのローンチを記念して2月23日より、ルイ・ヴィトン表参道店、松屋銀座店を含む世界12ヶ所のルイ・ヴィトン ストアのショーウィンドウで、特別なデジタルインスタレーションを展開している。


ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)のアーティスティック・ディレクションのもと、アーティスト兼デザイナーであるエス・デブリン(Es Devlin)が手掛けたこの特別なインスタレーションは、東京、ミラノ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、上海、北京と12ヶ所の店舗があるそれぞれの場所の未来を映し出す。その映像はまるで異なる都市へのゲートウェイのように、昼から夜へと続く時間の場面がリアルタイムで変化していく。



ウィンドウに流れる映像は、2019春夏コレクションでフィーチャーされたアメリカ人アーティストの「ビープル(Beeple)」ことマイク・ ウィンケルマン(Mike Winkelmann)が制作した。


「私たちは、アントロポセン(大きな影響を与えるようになった新たな地質時代)の最中にいますが、想像もつかない未来の人々と、これほど心を通い合わせる必要に迫られたことはありません。私たちの決断のひとつ一つが、未来の人々が歩く街並みや呼吸する空気に影響を及ぼすでしょう。ルイ・ヴィトンのウィンドウがネットワークとなり、他の場所やタイムゾーンへの入り口として捉えられることで、新たに未来への展望を拓くプロセスが実行されます」とエス・デブリンはコメントしている。