ルイ・ヴィトンが見据えるファッションのビジョン【2019-20秋冬ウィメンズ】

ルイ・ヴィトンが見据えるファッションのビジョン【2019-20秋冬ウィメンズ】

ルイ・ヴィトンが見据えるファッションのビジョン【2019-20秋冬ウィメンズ】の画像

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が、アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)による2019-20年秋冬ウィメンズ・コレクションショーを、3月6日にパリのルーヴル美術館のクール・カレ建てた特設会場で開催した。



掲げたテーマは、ファッションのビジョン。

ニコラ・ジェスキエールは「ポンピドゥーセンター、ボーブール、レアール、イノサン広場。ここはまさに、魅力的な地域を生み出すインキュベーター。パリ中心部に集まる信じがたいほど素晴らしいメランジュ(m?lange)。徒党、スタイル、ライフ…私は、このファッションのるつぼで感じられるこういった印象が大好きです。今は、複数の顔をもったメゾン、ルイ・ヴィトンにこの印象を転置しています」と語る。