ヴァレンティノがメゾンの新たな顔にフローレンス・ピューを起用

ヴァレンティノがメゾンの新たな顔にフローレンス・ピューを起用

記事画像

メゾン ヴァレンティノ(Maison Valentino)は、イギリスの女優 フローレンス・ピュー(Florence Pugh)を新たなヴァレンティノDI.VA (*) に起用します。


Photo by Steven Meisel

フローレンス・ピューは、ヴァレンティノの2023年フォールコレクションの広告キャンペーンに登場します。フォトグラファー、スティーブン・マイゼルがニューヨークで撮影したビジュアルに、フローレンス・ピューのエクレクティックなパーソナリティが輝きます。


Photo by Steven Meisel

フローレンス・ピューは、メゾン ヴァレンティノとクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリの価値観の世界へと足を踏み入れます。ピエールパオロ・ピッチョーリにとってアイデンティティは、自己表現によるクリエイティブプロセスの本質的な要素です。女優である彼女は激しくも無頓着なアティチュードで肌を露わにし、それゆえにユニークな存在としてそこにいます。ヴァレンティノのデザインは、彼女がまとうことによってさらに華やぎ、時間や場所、感覚を豊かに描き出します。フローレンスは素晴らしい才能を持ちながら、そのバイタリティと人間性で現代的なシナリオに新たな関りをもたらします。スクリーンで複雑なキャラクターを表現する類まれな才能をもつフローレンス・ピュー。ルールに捉われず、本当の自分であるために、飾らず率直にふるまう彼女のパーソナリティは、世界中から支持されています。


Photo by Steven Meisel

新しいヴァレンティノの広告キャンペーンは感覚の百科事典です。フローレンスは、自身のアイデンティティを損なわずに表現する力を持っています。ボディランゲージから顔の表情まで、彼女が表現することができる感情の幅は、彼女の存在をパーソナルであると同時に普遍的でもあります。スティーブン・マイゼルは、彼女をオーセンティックに撮影しました。泣く、叫ぶ、笑う。いくつものポートレートがさまざまな感情を増幅させ、その感情は共感を呼び、人の心を動かします。


Photo by Steven Meisel

このキャンペーンは、フローレンスに加え新しい才能を起用して撮影したシリーズ作品です。フローレンスを主役に、生き生きとした表情や身振りで会話を楽しむ人々の姿が描かれています。白の背景が、日常を捉えたタイムレスなシーンを表現します。コーヒーを飲みながらおしゃべりする友人たちや、仕事の休憩中に話す同僚たちなど、ふれあいやつながりがシナリオのテーマです。目まぐるしく変化する感情や性格、パーソナリティ、個人のエッセンスよって、フローレンスが体現するキャラクターは、どのようなペルソナであれ説得力があり、リアリティがあるのです。


Photo by Steven Meisel

フローレンスが抱えているのは新作バッグ ‘ロックスタッズ23’ です。 ローマの宮殿の扉の装飾にインスピレーションを得たメゾンのトレードマークであるピラミッド型のスタッズは、洗練されたデザインを通じて大胆に再解釈されています。スタッズが持つバリューはさらに進化し、アイデンティティとルールに捉われないアティチュードがアリストパンクのムードへとシフトしています。


Photo by Steven Meisel

ピエールパオロ・ピッチョーリは、リアリティと夢、ハイとロー、パンクとアリストクラシー(貴族社会)、クチュールとストリートが共存するメゾンのアイコニックなコードに新たな意味を与えるプロセスを続けます。


#Rockstud23 #Rockstud


*DI.VAはDifferent Valuesの略です。コンテンポラリーなヴァレンティノのDI.VA は、内なる価値によって支えられたコードが持つ多面的な個性です。ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリはDI.VAたちと本当の意味での文化的な再帰となる真の関係を構築しながら、進歩的な方法でカルチャーを生み出し続けています。


関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?