ゆずやサカナクションなどのMVを手掛けるmagma、2年ぶりの新作個展をVOILLDで開催

ゆずやサカナクションなどのMVを手掛けるmagma、2年ぶりの新作個展をVOILLDで開催

ゆずやサカナクションなどのMVを手掛けるmagma、2年ぶりの新作個展をVOILLDで開催の画像

杉山純と宮澤謙一によるアーティストユニット・マグマ(magma)の個展「エックス・ワイ(X・Y)」が、4月13日から5月19日まで東京・中目黒のアートギャラリー・ボイルド(VOILLD)で開催される。

2017年にボイルド開催された「STOP THE TIME」以来、約2年振り、4度目の新作展となる本展では、“架空のゲーム”をテーマにした新作を展示。ボードゲームの駒に見たてられ、謎のルールを訴えかけているかのようにも見える作品群。未知のものへの興味につい翻弄されてしまう私たちに、ルールやその意味、必要性を問いかけているようだ。

2019 ? magma, VOILLD
マグマは、樹脂や廃材、電動器具、木など身に回りのあるとあらゆる物を素材に、広告美術から空間演出、家具、プロダクトまで幅広く手掛け、様々な作品を制作し続けている。これまでに、ゆずのミュージックビデオやステージセットなどの他、木村カエラやサカナクション、きゃりーぱみゅぱみゅなどのミュージックビデオへの作品提供や、NHKの音楽番組「Music Japan」の番組セットなども制作。2017年には活動10周年を迎え、ラフォーレミュージアム原宿で大規模な個展を開催した。

2019 ? magma, VOILLD|01

2019 ? magma, VOILLD|04
マグマの作品は、誰かに一度捨てられた物や、誰かの記憶にある物など、ジャンルと時代を超えた“物”と“物”とのコラボレーションの繰り返しによって構築されている。作品それぞれが異世界の物の集合体となり、その断片をぶつけ合いながらストーリーを紡ぐ行為は、何でも手に入れることのできてしまう今の時代において、どこにもない物を見出し新たな表現を生み出そうとしているマグマのあくなき挑戦であり、明日への希望とも言える。


【イベント情報】
magma‘X・Y’
会期:4月13日〜5月19日
会場:ボイルド(VOILLD)
住所:東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台B1F
時間:水〜金14:00〜19:00、土日祝12:00〜18:00
休廊日:月曜・火曜日
入場料:無料