私のシンデレラシューズを求めて。ブティックオーサキの“セミカスタム”パンプスで叶える理想の一足【INTERVIEW】

私のシンデレラシューズを求めて。ブティックオーサキの“セミカスタム”パンプスで叶える理想の一足【INTERVIEW】

私のシンデレラシューズを求めて。ブティックオーサキの“セミカスタム”パンプスで叶える理想の一足【INTERVIEW】の画像

「ブティックオーサキ」、そのシューメゾンの設立は今から50年ほど前。

日本人の足に合う靴が少なかった当初から顧客に寄り添う靴作りに務め、些細な意見をも大切にするその姿勢がたちまち評判となり国内屈指のシューメゾンとして、その名を広めることとなる。

ブティックオーサキの人気サービス、“セミカスタム”パンプスの一例。
人生の大切な節目の一歩を踏み出す日、ウェディングシューズとしてのオーダー需要も多い。


生まれて初めてパンプスを履いた日、その靴が足にぴたりとフィットしたという女性はどれほどいるだろう……? その理想的なシルエットへの憧れから、痛みなんて厭わない(乙女たるものおしゃれは我慢! )という人もきっといるはず。だけど、足が痛くならなくて、理想的なデザインで、加えていつもより自分の脚を美しく見せてくれる……、そんな夢のようなパンプスがあると聞けば、きっと一度は履いてみたくなるのでは?


アトリエに足を運ぶと、2019年春夏新作のカタログ用カットを発見。

そんな夢のようなシンデレラパンプス、それこそがこの「ブティックオーサキ」のパンプス。ブティックオーサキの靴は、もちろんカスタムをせずとも購入可能。

でも、本当に自分にフィットするパンプスって意外と見つからない。もう少し幅を詰めたい、どうしても小指があたるというような細かいサイズ調整も、そもそも、この型・デザインを別の色の革で仕立てられたら……という個別のシューレシピを承るのが、“セミカスタム”パンプスのサービスだ。


2019年春夏コレクションより
スカラップや花モチーフで春爛漫な新作(写真右)、上品さも兼ね備えるグリッターパンプスは毎季人気(写真左)
ブランドのシグネチャーである“シンデレラ”ロゴ。
描かれているのは、まだプリンセスになる前の娘、シンデレラ。奇跡の靴に足を入れた瞬間、運命が動き出す。

しかもブティックオーサキの“セミカスタム”は、サイズ調整用のクッションを敷いたり、外側から染色を施すといった類のものではなく、工房にて、依頼主のレシピを元に、1から靴を仕立てるという。さらにそのサービスの価格も自分が選んだカスタムの基盤となるシューズの価格に1,000円プラスのみだというのだから驚く。数多くの著名人からもオーダーがあり、リピーターの多さからもメゾンの信頼度の高さを伺える。


アッパーのマテリアルは毎シーズンアップデート。豊富なラインアップの中からチョイスできる。

例えば、このパンプスの配色を自分好みにカスタムしたり。

すべての女性のパンプス選びに選びにまつわる悩みをあらゆる方向から解決に導くブランドポリシーには脱帽する。今回、2代目社長兼デザイナーを務める大崎彰(おおさき・あきら)さんに、メゾンの美学について伺うことができた。


----



社長でデザイナーの大崎彰さん

「父を継ぎ、私がデザイナーを務めるようになって20年。毎季、女性の脚を美しく魅せるバランスを重視した靴作りをおこなっています。その中にシーズンのムードであったり、季節を感じさせるモチーフを取り入れて、大人の女性でも取り入れやすい遊び心のあるパンプスを提案。私は、“婦人靴とは女性を美しく魅せるための物”という考えでして、すなわち靴から露出する部分の見え方が大事だと思っていて。靴の印象を大きく左右するアッパーは、足を覆い隠す部分なわけですが、ここが浅すぎず、深すぎずという独自の最大公約数がオーサキのベストバランスを司る要となります。常に研究・改良を重ねていますが、現在の足入れ部分の開き具合は、足が薄い人にも安定感があり、甲高の人も窮屈でないというシルエットにたどり着けました。ヒールの高さもパンプスに置いて重要なポイントですが、履き心地と綺麗を叶えるバランスを追求した結果、8cmがベストということになり、必然的に8cmヒールの靴が多くなりました。もちろん、用途に合わせて選んでいただけるようフラットからハイヒールもそろえています。他のブランドにはない足入れの良さを実感していただけるはずです」




幅広い年齢層から好まれ、シンプルで飽きのこない上品なデザインと履いた時のシルエットの綺麗さは、靴選びのプロフェッショナルからも定評があるブティックオーサキ。実験を重ね生まれたベストフォルムに、さらに一人一人の要望に沿ったセミカスタムオーダーを承るという試みはどんなことがきっかけだったのだろうか??

「オーダー依頼を始めたきっかけは、顧客さまからのブライダルシューズ依頼でした。ウェディングドレスの残布を用いて、共布のシューズを仕立てて欲しいと言われましたね。オーサキは、女性を美しく見せることがポリシー。その中で、靴にまつわる女性の欲望を叶えていくことも使命だと思っています。自分たちの靴をお客さまに一番気に入って喜んでもらえることにはベストを尽くしたい。靴のカラーも、履き心地についての悩みも、可能な限り解決していきたいのです。だから、セミカスタマイズというサービスを開始しました」


セミカスタムはもちろん幅出しも対応。そのオーダーにあったベストフォルムを型どってもらえる。


女性のワードローブに欠かせないパンプスというアイテム。スニーカーがトレンドを牽引しても、やっぱりパンプスは外せない女性のアイコンシューズなのです。何気ない日常も、心踊る特別な日も、私たちの人生に彩りを与えるパンプスを手掛けるシューメゾン、ブティックオーサキ。

伊勢丹新宿店を始めとする取り扱い店には春夏の新作シューズが続々と入荷中。セミカスタマイズの依頼については、まず店頭スタッフに声がけしてみてくださいね。


【ブティックオーサキ】
URL:http://www.boutique-osaki.co.jp