ユルゲン・テラーが荒木経惟、ウィリアム・エグルストン...4人のマスターに捧げる『The Master』【ShelfオススメBOOK】

ユルゲン・テラーが荒木経惟、ウィリアム・エグルストン...4人のマスターに捧げる『The Master』【ShelfオススメBOOK】

ユルゲン・テラーが荒木経惟、ウィリアム・エグルストン...4人のマスターに捧げる『The Master』【ShelfオススメBOOK】の画像

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿・外苑前のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京都渋谷区神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。



■『The Master IV』Juergen Teller

ファッション写真家ユルゲン・テラーが2005年にスタートした「The Masters」シリーズの2012年『The Master III』振りとなる新作。

このシリーズはユルゲン・テラーが「マスター」あるいは「マスターフル」と信じるものへ捧げた小型写真集で、今回は彼にとって最も重要な4人のマスターである荒木経惟、ウィリアム・エグルストン(William Eggleston)、ボリス・ミヒャロフ(Boris Mikhailov)、シャー・ロットランプリング(Charlotte Rampling)に捧げられ、この4人を撮ったポートレート作品で構成されている。










【書籍情報】
『The Master IV』
写真:Juergen Teller
出版社:Steidl
言語:英語
ソフトカバー/48ページ/230×180mm
発刊:2019年
価格:1,910円
■Shelfオフィシャルサイトで『The Master IV』を購入する