パリ在住のアーティスト田中麻記子の個展が恵比寿で開催

パリ在住のアーティスト田中麻記子の個展が恵比寿で開催

パリ在住のアーティスト田中麻記子の個展が恵比寿で開催の画像

パリ在住のアーティスト田中麻記子が、個展「Avenue Paul Vaillant Couturier」を、ニーディ ギャラリー(nidi gallery)にて5月10日から23日まで開催する。

水彩、油彩、鉛筆、セラミックなど様々な素材を用いて、伸びやかに表現する田中麻記子。作風はバラエティに富み、ロマンティックでシュールな世界にエレガントなユーモアが感じられる絵画や立体作品を幅広く手掛ける。

FASHION HEADLINEの人気コンテンツ「占い」のイラストをはじめ、資生堂『花椿』web版での連載「空想ガストロノミー」や、ピエール・エルメ・パリとのコラボレーションなどのチャーミングでポップなイラストレーションやアニメーションでも多くの支持を集めている。

彼女が実際に住む通りの名前“Avenue Paul Vaillant Couturier(アベニュー ポール ヴァイヤン クチュリエ)”がタイトルとなっている本展では、毎日絵を描いているこの場所での生活や、身近なもの、食べもの、動物などを題材に制作した水彩画を中心に、滑らかな陶肌を特徴とするヨーロッパの伝統的なセラミック“Fa?ence(ファイアンス)”などの立体作品も展開する。

多様な文化が交じり合うパリで活躍する日本人ならではの視点と、彼女の豊かなイマジネーションを堪能してみては?






【作家プロフィール】
田中麻記子 Makiko Tanaka
1975年東京生まれ、現在パリ南郊外在住。
2013年文化庁在外研修員として渡仏。
国内外での展示を主に、資生堂、ピエール・エルメ・パリ・ジャポン他、企業との企画をイラストレーターとしても行う。
作品集「La collection gastronomique」(2016)「VuVu」(2018)
tanakamakiko.com




【展覧会情報】
田中麻記子個展「Avenue Paul Vaillant Couturier」
会期:5月10日〜23日
会場:nidi gallery(ニーディ ギャラリー)
住所:東京都渋谷区東2-27-14 ペガサスマンション恵比寿102
時間:13:00〜20:00
休廊日:水曜日(5月15日、22日)