一着あれば重宝する“ホワイトパンツ”はお仕事服向き!【パリスナップ】

一着あれば重宝する“ホワイトパンツ”はお仕事服向き!【パリスナップ】

一着あれば重宝する“ホワイトパンツ”はお仕事服向き!【パリスナップ】の画像

一目で爽やかな印象を作るホワイトパンツは、お仕事服としても私服としても活躍する便利なボトムス。パリでは、ストリートな着こなしからオフィス向きのフォーマルなスタイリングまで、年代も幅広く支持されているよう。


1.
リーフ(スタイリスト・インフルエンサー/35歳)

インスタグラムでフォロワー30万人以上持ち、インフルエンサーとしても活躍するリーフ。ミーティングへ向かう途中にキャッチした彼女は、デニム生地のホワイトパンツにフーディとボンバージャケットでストリートスタイルに。ジャケット以外は白で統一して、夏を呼び込む軽快な雰囲気。


2.
エレーナ(化粧品会社勤務/50歳)

デニムよりフォーマルではあるものの履き心地の良いチノパンは、お仕事服向き。エレーナは白のチノパンにテイラードジャケット、スポーティな「ナイキ(NIKE)」のスニーカーでミックス感のあるスタイリングに、ハットを合わせることで一気にモード感が漂う。


3.
ナターシャ(客室乗務員/31歳)

移動が多い客室乗務員という仕事柄なのか、ナターシャはシワになりにくいレーヨンの素材の白パンツがお気に入りのよう。ストレッチもきいてストレスフリーなうえに、洗濯機で洗える物を選べば、お仕事服としてかなり重宝しそう。彼女のように淡いカラーのトップスを合わせれば、女性らしさが引き立つ。


4.
イゾール(モデル/23歳)

ランチを終えて撮影現場に戻る途中だったイゾール。「ザラ(ZARA)」のワイドパンツに、実家のあるギリシャで購入したという幾何学柄のトップスで初夏を感じさせる装い。どんな柄物とも相性が良いのも、白パンツの特徴。


【プロフィール】
ELIE INOUE
パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける。主な寄稿媒体はFASHION HEADLINE、WWD Japan、ELLE Japan等。