3.1 フィリップ リムと気鋭クリエイター2名のコラボキャンペーン公開、それぞれが描く“家族”を表現

3.1 フィリップ リムと気鋭クリエイター2名のコラボキャンペーン公開、それぞれが描く“家族”を表現

3.1 フィリップ リムと気鋭クリエイター2名のコラボキャンペーン公開、それぞれが描く“家族”を表現の画像

3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)が、「3.1 Tribe(トライブ)」キャンペーンの3回目となるプロジェクトを発表。カルロタ・ゲレロ(Carlota Guerrero)、カイル・ウィークス(Kyle Weeks)とコラボレーションを展開する。


フォトグラファーやアーティスト、フィルムメイカーとのコラボレーションを通して「ロマンシング・リアリティ(日常の中のロマンス)」を描き続けている本キャンペーン。今回は、グローバルシティズンであり、有能なクリエイターである2名のアーティスト、カルロタ・ゲレロとカイル・ウィークスが違う形で家族というコンセプトを表現。クリエイティビティやコミュニティのパワフルさを別の形で描いている。

カルロタ・ゲレロは、バルセロナ生まれ。10代のころに独学で作品を撮りはじめ、フォトグラフィー、フィルム、そしてコレオグラフィーを組み合わせて生み出される作品で知られている。フェミニズム、ネイチャー、そしてパフォーマンスの融合されたカルロタの作品はインパクトとエーテルを表現している。

カルロタは「フィリップとのこの撮影のテーマは、“トライブ”。私にとってこの言葉は、私の母や姉妹を意味しています。家族を描きながら、最年長がミューズであり、若者はその彼女を尊敬し、彼女から学んでいる。でもたまに若者からも学ぶ最年長の姿勢も含ませながら」と今回の作品についてコメントを寄せた。


一方、カイル・ウィークスは、アムステルダム在住でヨーロッパとアフリカを中心に活動するフォトグラファー。美へのステレオタイプへの挑戦を続けながら、本質を維持するフォトグラフィーで知られ、クリエイティブなフォトグラファーとしての活動を続けている。

カイルは次のようにコメントを寄せている。「偉大なポートレートフォトグラファーであるリネケ・ダイクストラに敬意を表し、モダンでエフォートレスなPre-Fall 2019コレクションの美を反映した作品を創りました。彼女の初期作品である、『Park Portraits』から着想を得て、アムステルダムの公園で双子を起用した撮影を行った」。