サマンサタバサがリブランディング。松井遥南を起用した新広告ビジュアルを公開

サマンサタバサがリブランディング。松井遥南を起用した新広告ビジュアルを公開

サマンサタバサがリブランディング。松井遥南を起用した新広告ビジュアルを公開の画像



25周年を迎えたサマンサタバサ(Samantha Thavasa)が、2019年秋コレクションを皮切りに広告ビジュアルを一新、リブランディングを遂げた。

第一弾となる今季のコレクションテーマは「NEO MASCULINE」。ブランドのルーツを再認識し、“エレガントでオーセンティックなトラッド路線の大人の女性に向けたブランド”をコンセプトに商品を展開する。




デザインは、サイズや使用感にこだわり、肩に力が入らないような身近なおしゃれを提案。クールとエレガンスを調和させたスタイルを完成させた。




なお、新広告ビジュアルのモデルには松井遥南を起用。スタイリストの小林伸崇がクリエイティブディレクターを務め、撮影はフォトグラファーの酒井貴生、スタイリストは渥美千恵、ヘアメイクは村上綾が担当した。