ヒュンメルハイブから90年代スカンジナビアスタイルの新作スニーカー4型が登場

ヒュンメルハイブから90年代スカンジナビアスタイルの新作スニーカー4型が登場

ヒュンメルハイブから90年代スカンジナビアスタイルの新作スニーカー4型が登場の画像

ヒュンメル(hummel)のハイエンドライン・ヒュンメルハイブ(HUMMEL HIVE)から、2019年秋冬コレクションの新作スニーカー4型7モデルが発売中。


スカンジナビアの遺産を現代的な雰囲気にし、ブランドの原点に立ち返るものになった本コレクション。90年代にインスパイアされたアーカイブスタイルは、ミニマムなシルエット、伝統的な美学、スポーティーなディーテールなど、北欧デンマークのルーツを反映している。

「SEOUL HERITAGE」(1万2,000円)
80年代に発売していたハンドボールシューズ「SEOUL」の復刻モデルとなる「SEOUL HERITAGE」(1万2,000円)は、アッパーのフルグレインレザーやライニングに採用したパイル地、カラーリングなどを再現したアーカイブモデル。

80年代に初めて手がけたバスケットボールシューズがベースの「MINNEAPOLIS」(1万円)は、EVAのカップソールやグリップ性を向上させたラバーソールなど、機能的にも当時のモデルを思い起こさせる一足となっている。

どちらもサイズは40〜43(25.5〜28.0cm)の展開。

「EDMONTON SANDDOLLAR」(8,000円)

「EDMONTON SANDDOLLAR」(8,000円)は、90年代のハンドボールシューズ「EDMONTON」をベースにしたボリュームあるスニーカー。こちらは、北欧の朝日をコンセプトにしたシーズナルカラーやアウトドアカラーを採用している。

1983年に発売したランニングシューズがベースの人気モデル「MARATHONA」(1万1,000円)は、北欧の朝日をコンセプトにしたシーズナルカラーで登場。フェミニンなピンクにパステルイエローを組み合わせている。

どちらもサイズは37〜43(23.0〜28.0cm)の展開。

日本のローンチに合わせて、モデルの岩崎拓馬とNanamiが、本コレクションのスニーカーを着用し、北欧のストリートスタイルを都内各所で撮影。アパレルにはウィリーチャバリアとのコラボモデルを採用している。

販売は、ヒュンメルのオンラインストア、S-Rush 公式オンラインストア、S-Rush各店舗限定となる。