三越伊勢丹がオンライン完結型オーダースーツサービスをスタート

三越伊勢丹がオンライン完結型オーダースーツサービスをスタート

三越伊勢丹がオンライン完結型オーダースーツサービスをスタートの画像

三越伊勢丹が、オンライン上で完結する紳士服のカスタムオーダーサービス「ハイ・テーラー(Hi TAILOR)」(https://www.hi-tailor.jp/)を開始。オーダーシャツを10月から発売、2020年春にオーダースーツの取り扱いをスタートする。


主なユーザー層は、20代から30代のビジネスパーソン。ユーザーにとって身近なオンラインサービスの採用を通じて、これまでのオーダーサービスが持つ敷居の高さや来店までの手間・面倒といったものを無くし、手軽にシャツやスーツを選んで欲しいという思いから生まれた。

コンセプトは「良質な1着を、手軽に。」。シチュエーションに応じた1着として、もう1歩踏み出したいときに士気を高める1着として、これまでの三越伊勢丹の店頭接客から得られた声や販売データに加えてベテランスタイリストの知見やナレッジを活用し、どれを選んでも間違いのないスタンダードな装いを提案する。


ビジネスパーソンにとって貴重な時間や体力、お金を有意義に使えるよう、オンライン完結型でシンプルなオーダー方法を採用。スマートフォンでの自動採寸に加え、すべての生地に対して、同ブランドがおすすめする標準のデザイン・仕様を“Hi TAILOR STANDARD”として用意している。シャツの生地のラインアップやパーツのカスタマイズは、今まで培った接客や販売の傾向を元に、定番かつ幅広いシーンで活用できるものを厳選。生地は、無地・ストライプなどスタンダードで幅の広いものを90種類ほど、衿・カフス等のデザインカスタマイズは計3,240通りをそろえる。

オーダーはデザイン選定後、自身の写真2枚と身長・体重を入力し、フィット感を選定することで完了し、来店せずとも採寸・最適なサイズを提案してくれる。“Hi TAILOR STANDARD”の簡単なカスタマイズで、誰でも悩むことなく気軽に自身の体型やキャラクターに合った1着を選ぶことができる。




また今回展開するシャツの中心価格帯は8,900円。オンラインで完結する無店舗型のサービスで、コストを最大限削減し、商品に還元することでパフォーマンスよく品質のよい商品を提供する。

ビジネスシーンでの間違いのない装いは、自信や安心をもたらすもの。同ブランドは良質な服をシンプルに提供することで、あらゆるビジネスパーソンが自信を持って快適に過ごせる社会を応援する。