ルイ・ヴィトン2020春夏よりモノグラム・フラワーのローファーなど新作シューズが登場

ルイ・ヴィトン2020春夏よりモノグラム・フラワーのローファーなど新作シューズが登場

ルイ・ヴィトン2020春夏よりモノグラム・フラワーのローファーなど新作シューズが登場の画像

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の2020年春夏新作シューズが2月7日に発売される。


エッフェル塔が建築され、万国博覧会の時代が到来した刺激と激動に満ちた時代“ベル・エポック”をインスピレーションの出発点としたニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)による2020年春夏コレクション。ショーでは、大きなバックルがあしらわれたローファーやモカシン、ロングブーツなどクラシカルな形をベースに、ニコラ・ジェスキエールらしい色の組み合わせや革新的なヒールのデザインなどをフュージョンさせたシューズが目を惹きつけた。

日本では、ルイ・ヴィトンのアイコニックなモノグラム・フラワーをモチーフにしたヒールのローファー「SWIFT」や、プラットフォームのサンダル「PODIUM」など全5タイプのシューズが展開される。

「SWIFT LOAFER」(12万7,000円※予定価格)


「SWIFT LOAFER」(11万8,000円※予定価格)

「ACADEMY LOAFER」(12万7,000円※予定価格)

Copyrights for the fashion story
Photographer : Julia Mayorova